お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

アイログ、IBMと半導体ソリューション販売の契約

ILOG Fab PowerOps (ILOG FPO)をMES顧客向けの半導体ソリューション・ポートフォリオとしてIBMが販売協業

ソフトウェア・コンポーネントの世界的なリーディング・プロバイダであるアイログ社(NASDAQ: ILOG; Euronext: ILO、ISIN: FR0004042364)は本日、IBMが製造工程管理システム(MES)の顧客ならびにその他の顧客に対して、ILOG Fab PowerOps(TM) (以下ILOG FPO(TM)) の販売を協業する契約を、両社の間でグローバルに締結したと発表しました。ILOG FPOは半導体製造のスケジューリングを目的としてアイログが開発したソリューションです。

IBMはSiView、LCDView、その他の同社のView MES製品を導入している顧客に対して、ILOG FPOをアイログのブランド名で販売協業することになります。アイログとIBMの間で交わされたこの契約により、製品の販売とサービス契約において両社が新たな売上機会を獲得することが期待されています。このサービスはIBMテクノロジー・コラボレーション・ソリューションとIBMグローバル・ビジネス・サービスから提供され、アイログのプロフェッショナル・サービス部門が支援を行います。

ILOG FPOはすでに、East Fishkill (米ニューヨーク州)にあるIBMの最新鋭300mmウエーハ半導体工場に初期導入されており、露光工程と拡散工程で活用されてサイクルタイムを最大15パーセント短縮したほか、ホットロット(至急ロット)の処理時間短縮にも著しく効果を上げています。FPOは製造工程における進捗状況の可視化にも効果を発揮しており、その結果、この工場では変化への対応力が強化された、より効率的な操業を実現しています。IBMではILOG FPOを販売協業するほかに、300mm East Fishkill工場で顧客を対象にしたデモを行う予定です。

アイログの会長兼最高経営責任者であるピエール・ハーレン(Pierre Haren)は、「IBMは半導体業界に最先端の技術を提供している企業ですから、アイログとしては、SiViewやLCDViewの導入と連係してFPOを販売するという点で、これ以上のパートナーはありません。IBMとの今回の提携により、アイログは市場を広げ、技術的優位性を強化することが可能になります。特に、半導体製造が大きく成長しつつあるアジアにおいて成果が期待されています。本日の契約締結は、IBMと当社の提携がますます深まりつつある最新の事例となりました」と述べています。

IBMの300mm製造事業担当取締役、エリザベス・ウィリアムソン博士(Dr. Elizabeth Williamson)は、「当社の工場ではアイログとの結び付きの成果として、すでに生産効率の上昇が見られています。FPOの導入で改善されたディスパッチ・スケジューリング機能が効果を発揮しており、IBMの300mm工場では定量化可能な利益が生まれましたし、顧客製品の市場投入時間が短縮されました」と述べています。

ILOG FPOには最適化、ビジネス・ルール、視覚化など、市場をリードするアイログの技術が組み込まれており、これらが製造状況に関する詳細な情報と組み合わさることにより、拡散、洗浄、露光、エッチング、薄膜形成といったさまざまな加工工程を包括した製造スケジューリングを最適化します。ILOG FPOは詳細製造スケジューリング・ソリューション市場のすき間を埋める製品であり、IBMではアイログとの今回の結び付きにより、半導体ソリューションを提供する他社に対する競争優位性の獲得が期待されています。ILOG FPOを利用することにより、製造環境の置かれている現状に基づいてスケジューリング問題に対処することが可能になります。その結果、装置の運転中断や、製造方法の改善、ホットロットなど、想定外の事態への対応能力が向上します。装置類については、現状の生産能力を十分活用できるため、設備投資支出の削減が見込まれています。さらに、FPOは構成がカスタマイズ可能のため、各顧客の工場に対する個別要件を満たすために各工程を適応させることができます。ILOG Fab PowerOpsについての詳細はリンクを参照してください。

アイログ社(ILOG(R))について
アイログ社は、お客様がより迅速な意思決定を行い、変更および複雑度を管理するためのソフトウェアおよびサービスを提供しています。全世界で2,500社を超える企業や465社を超えるソフトウェア・ベンダが、市場をリードするアイログのBRMS(ビジネス・ルール管理システム)、最適化、可視化の各コンポーネントの活用により飛躍的な投資効率を達成し、市場を席巻する製品やサービスを立ち上げ、また、その競争力を強めています。アイログ社は1987年に設立され、全世界に約730名の社員を有しています。アイログ株式会社はアイログ社の日本法人です。詳細についてはwww.ilog.co.jpをご覧ください。

*ILOG は ILOG 社の登録商標です。ILOG Fab PowerOpsとILOG FPOはILOG 社の商標です。その他の会社、製品の名称ならびに商標は各社の商標または登録商標となる場合があります。詳しくはリンクをご覧ください


先見的情報
この報道資料に含まれるすべての表明に限らず、当社もしくは役員、業務責任者、従業員が業務遂行上行った可能性のある陳述、または歴史的事実でない記述は、 米国証券関連法規が意味するところの 「先見的情報 (forward-looking statements)」を構成するものであるか、これに基づいており、 先見的情報の内部で表現または示唆された内容とは著しく差異のある現実的結果を生じるリスクと不確実性を含んでいます。 著しく差異を生じる可能性のあるこれらの要素には、 アイログが証券取引委員会 (SEC) に委託した Form 20-F の最新年次報告書ならびにその他 SEC への委託物および提出物中の 「Item 3. Key Information-Risk Factors」、「Item 4. Information on the Company」、 「Item 5. Operating and Financial Review and Prospects」 により識別されているリスクが含まれます。これには業績における四半期中の変動、 市場における競争、当社が売上を予測する能力に影響を与える商談期間の長期化、特定の主要な独立ソフトウェア・ベンダへの依存、いくつかの垂直市場への投資、 固定料金のコンサルティング契約数の増加、営業要員およびマーケティング要員への投資減少、変化を繰り返す市場ニーズ、 顧客の期待に応えるプロフェッショナル・サービスを提供する能力、ソフトウェア製品における過失、重要な担当者の喪失、物流上の問題、文化の相違、 製品をローカライズするコスト、輸入および関税上の制限、海外展開の結果発生する外国による敵対的な課税および通貨の変動、 税法の改正または不利益な税務監査、自社の持つ特許技術への大きな依存度、知的財産権侵害をめぐる争いの影響、 買収から生じる希薄株発行または債務の発生ならびに偶発的な負債および償却、会計原則の変更、 ならびに当社に未知の原因または現在のところ当社が重要と考えていない原因が含まれますが、これらに限定されるものではありません。 当社または当社の業務を遂行する人間を起因として筆記および陳述された先見的表明は、注意を喚起するこれらの表明が不可分的に適用されます。 読者にはこれらの予見的表明に過度の信頼を置かないように注意を促します。法律上の必要がない限り、アイログは新しい情報もしくは出来事、状況、 予測における変更、または作成日以降に発生したその他の事柄を反映するためにこれらの先見的表明を改訂する義務を負うものではありません。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社