お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

携帯電話向けMEMS市場

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが12月に刊行されました。

米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「携帯電話向けMEMS市場:コンポーネント、技術、市場促進要因」は、携帯電話に搭載されるMEMS技術の普及と成長を分析している。MEMSは主に、端末のRFフィルタ、RFスイッチ、整合回路、同調回路、共鳴装置/発振器に使用されている。また音声マイクロホンの設計、加速度計、運動センサにも利用される。この調査レポートは、MEMSがこれらのセグメント毎に普及し始めた理由を述べている。大抵の場合、MEMS技術はサイズ、統合性、柔軟性、適応性の点で既存のソリューションよりも優れている。まだコストは高いが、市場導入が増加し、ベンダが生産量を増やしているため、価格が下がりつつある。
またこの調査レポートでは、機械の信頼性、時間の経過に伴うMEMS材料の劣化、大量生産、サプライチェーンのロバスト性などの、MEMS技術業界の従来の課題について記載し、それらの懸案事項への取り組みを説明している。RFフィルタ、共鳴装置/発振器、アナログ式マイクロフォン、デジタル式マイクロホン、加速度計のカテゴリ別にASP、出荷数、収益を記載している。また、 ピコプロジェクタ、高性能ディスプレイ、多種多様なセンサといった端末向けのMEMSアプリケーションについて述べている。

◆調査レポート
携帯電話向けMEMS市場:コンポーネント、技術と市場促進要因
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社