お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

モバイルブロードバンドネットワークのエネルギー効率分析

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが刊行されます。
12月出版予定です。

キャリアはますます市場で激しい競争を強いられるようになっているため、利益幅を維持するためのコスト削減が不可欠になっている。電力消費はOPEXの諸経費トップ3に入っているため、キャリアがモバイルブロードバンドソリューションの導入時期を決定するうえで重要な検討材料になる。
米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「モバイルブロードバンドネットワークのエネルギー効率分析」は、WCDMA、HSDPA、CDMA2000 1XRTT、EVDO、WiMAX、都市のWi-Fiを導入するための相対コストの理論と実際を分析している。またこの調査レポートは、高騰する電力消費コストに立ち向かう最良の方法をとして業界に戦略を提言している。

◆調査レポート
モバイルブロードバンドネットワークのエネルギー効率分析:WCDMA、HSDPA、CDMA2000、EV-DO、WiMAXと都市のWi-Fiの電力消費とOPEX
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社