お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

インターネット動画広告配信サービス『ValueClick AdMovie』を発表

ネットワーク型インターネットメディアに新たな可能性

株式会社ライブドアマーケティング(本社:東京都港区 代表取締役社長 穂谷野 智)は、自社で運営するネットワーク型インターネットメディア“ValueClick AdNetwork”において、FlashMovieを利用した、ストリーミング方式による動画広告配信サービス『ValueClick AdMovie』を開始する。ネットワーク型メディアにおいては国内初の試みとなる。

今回発表する『ValueClick AdMovie』は、次の通りである。

『ValueClick AdMovie』はネットワーク型インターネットメディアである、“ValueClick”の提携サイト(アドネットワーク)において、FlashMovieの動画映像を広告として配信するサービス。これまで同アドネットワークでは、GIF素材などを利用したバナー広告が主流であったが、昨今の動画広告(インターネットCM)需要の高まりから、同サービスを開始することになった。

インターネットCMは、既にテレビ局のウェブサイトなど特定メディアにおいて新たな広告商品として存在していたが、ネットワーク型のメディアにおいては同サービスが国内では初めてとなる。さらに同サービスは広告の表示回数が保証される、インプレッション保証型の課金モデルとなり、1インプレッションあたりの単価を1.5円から設定している。

『ValueClick AdMovie』は本日より販売を開始し、5月上旬より一部提携サイトにおいて配信を始める予定。販売状況により、随時提携サイトも増やしていく。
広告枠は200*200ピクセルと160*160ピクセルの2サイズに対応可能。広告主はテレビCM用に撮影した映像素材を、FlashVideoファイルにエンコードすることで素材の再利用ができ、インターネット上でのCM運用が可能になる。

さらに同サービスは単なるインターネット上でのCM運用だけでなく、テレビ番組とインターネットを繋ぐ新たなチャネルとしても位置づけており、例えばTVショッピングの番組映像をリアルタイムに一斉配信し、TV通販の新規顧客獲得にも寄与するものになることを期待している。

【インターネットCMとは】
一般的に「ネットCM」「動画広告」「ストリーミング広告」などインターネット上で配信されるCMのことを指し、今年3月にインターネット広告推進協議会(JIAA)が「インターネットCM」の定義を発表している。JIAAでは「インターネット
CM」の市場規模を2005年で5億円と推計、2006年には30億円の市場に成長するものとの予測を報告している。

【ValueClick AdNetworkとは】
ValueClick AdNetworkは国内最大級のアドネットワークメディアであり、当社が独自に集めた提携サイト群に一斉に広告を配信し、インプレッション保証やクリック保証型で課金する広告モデル。アドネットワークの提携サイトは約1万サイト*、
ネットワーク全体で約2,840万人のユニークユーザー*にリーチすることが出来る。
*数字は2006年3月末現在


■商品・サービスの仕様
商品名:ValueClick AdMovie
発売日:2006年4月24日
運営販売:株式会社ライブドアマーケティング
入稿素材:FlashVideo(FLV)300kbps
広告サイズ:Mサイズ 200*200ピクセル(動画エリアは200*150ピクセル)
      Sサイズ 160*160ピクセル(動画エリアは160*120ピクセル)
動画秒数:15秒


■会社概要
名称:株式会社ライブドアマーケティング
本社住所:東京都港区
設立:1998年11月
資本金:6,140百万円(2005年12月31日現在)
従業員数:164名
代表者:代表取締役社長 穂谷野 智


【本件に関するお問い合わせ先】
担当者:メディア企画部 小林、増尾
TEL:03-5575-5437
FAX:03-5575-5430
E-mail:dairiten@ldm.livedoor.jp

以 上

関連情報
http://ldm.livedoor.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社