お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

i2テクノロジーズ・ジャパンとフレームワークス、ロジスティクス戦略ソリューション分野における協業で基本合意

i2テクノロジーズ・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐藤 年成、以下i2)と、株式会社フレームワークス(本社:静岡県静岡市、代表取締役社長:田中 純夫、以下フレームワークス)はこのほど、サプライチェーン・マネジメント(SCM)におけるロジスティクス戦略ソリューション分野で協業することについて基本合意しました。

この協業は、日本市場に向けて10月に発表したi2のロジスティクス統合ソリューションと、フレームワークスの主力製品である物流センター管理システム(WMS:Warehouse Management System)による庫内業務統合ソリューションとを共同提案すること、その中で、両社の特徴を生かした協働コンサルティングサービスを提供することを柱としています。本協業により、両社が日本企業のより効果的なロジスティクス戦略の構築に貢献することを目的としており、サービス提供開始は、2007年初頭を予定しています。

■協業の経緯
日本市場においても、近年サプライチェーン全体を考慮した、ロジスティクスに関わる戦略的意思決定、ネットワークの最適化・効率化を実現するソリューションへのニーズが急速に高まっています。日本では、これまで単なる輸配送ルート計画、あるいは輸配送実行管理のみのツールしか使用されておらず、経営層から現場レベルまで包括的に支援するソリューションは、ほとんど活用されていなかったのが実情です。

ロジスティクスネットワーク最適化を包括的に実現するテクノロジー、SCM分野における豊富な実績・ノウハウをもつi2と、WMS分野のリーディング・カンパニーとして、これまでに500サイトを超える国内外の物流拠点に導入実績と先進的ロジスティクスコンサルティングサービスを提供するフレームワークスが協業することにより、経営上の意思決定から日々の業務までをカバーする輸送ネットワーク最適化ソリューションが実現します。その結果、日本のお客様の、ロジスティクス戦略構築の要望に応えられるサービスが提供できるものと考えています。

i2テクノロジーズ・ジャパン株式会社の代表取締役社長、佐藤年成は次のように語っています。
「i2のロジスティクス・ソリューションはグローバルに数多くの成功事例があり、今後日本市場においても主力製品になると期待しています。日本国内で数多くのコンサルティングや製品導入の実績をもつフレームワークスと協業することにより、日本のグローバル企業や、国内に壮大なサプライチェーンを有する企業に対して、ロジスティクス戦略から実行までのトータルソリューションをご提供することができると確信しています」

i2のロジスティクス統合ソリューションである「Transportation and Distribution Management(以下TDM)」は、長期的な拠点展開を見据えた戦略策定から中期的な輸送戦術、日々の輸送計画、動態管理などの現場管理、さらに実績にもとづく評価・分析にいたるまで輸配送を総合的にカバーするソリューションです。また、フレームワークスは、物流拠点(倉庫、物流センター)の在庫管理・作業支援・情報管理を行うWMSとして、パッケージシステム「Logistics Station iWMS<R>」シリーズを提供しています。さらに、拠点ネットワーク(物流拠点配置)、在庫ネットワーク(市場に合わせた在庫戦略)、輸送ネットワーク(コスト・リードタイムで最も有利な輸配送ルートの策定)という3つの視点からロジスティクスの最適化を支援するコンサルティングサービスを提供しており、i2のTDMによって双方のロジスティクス分野のソリューションが強化されます。

●協業によるi2のメリット
・TDMの日本およびアジア市場における販路が拡大します。
・フレームワークスのロジスティクス分野におけるコンサルティングサービスの実績
をもとに日本市場向け機能強化を図ることができます。
・i2の既存ユーザ企業への新たなソリューション提供が可能になります。
・計画系と実行系の連携の結果、より幅の広いサプライチェーン・ソリューションの
提供が可能となります。
・新しい分野、特に小売業界やアパレル業界への事業展開を模索することができま
す。

●協業によるフレームワークスのメリット
・物流センターの在庫・庫内業務の改善だけでなく、フレームワークスが進めるアジアを中心とする国際的な事業展開のなかで、国内外の輸配送も含めた総合的なソリューションを提供できるようになります。
・i2の持つ多数のお客様への協業提案が見込めます。
・輸配送の戦略から戦術に関わるフレームワークスのコンサルティングサービスのツールとして活用することができます。

用語解説

【株式会社フレームワークスについて】
フレームワークスは、自社開発パッケージである物流センター管理システム「Logistics Station iWMS<R>」シリーズの販売を中心として、コンサルティングサービス、顧客の要望に応じたシステムの追加・修正を行う、システム・インテグレーションサービスを提供しています。フレームワークスの物流センター管理システムはアメリカ、中国、韓国、シンガポール、ベルギーなど国内外の約500サイトの物流拠点で採用され、市場での高い評価を獲得しています。
リンク

【i2テクノロジーズ・ジャパンについて】
i2テクノロジーズ・ジャパン株式会社は、i2 テクノロジーズ(本社:米国テキサス州ダラス)が100%所有する日本法人です。i2テクノロジーズは、サプライチェーン・マネジメント(SCM)領域に特化した、企業の事業目標達成を支援するソフトウェアの開発・販売およびコンサルティングサービスを製造業・小売業を中心に展開しています。フォーチュン・グローバルトップ10社中7社がi2のサプライチェーン・ソリューションを導入しているほか、世界の有力企業に数多くの導入実績を有しています。1988年の設立以来、ユーザ企業の事業成功に向けたソリューションを提供し続けています。日本法人は1996年に設立され、主に製造業を中心にSCMソフトウェアの販売と導入支援サービスを提供してきました。主な導入企業※1は、東芝、松下電産、JFEスチール、富士通、NEC、セイコーエプソン、日立製作所、菱食、明治屋、アスクル等です。

※1: 敬称略、順不同
※2: i2 および i2のロゴデザイン、ロゴは、米国i2 Technologies, Inc.の商標又は登録商標です。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━■□
     お客様の問い合わせ先
■□━━━━━━━━━━━━━━━━■□
i2テクノロジーズ・ジャパン株式会社
ソリューションマーケティング部
TEL: 03-6409-1212 Email: marketing-j@i2.com


■□━━━━━━━━━━━━━━━━■□
本件に関する報道関係者様の問い合わせ先
■□━━━━━━━━━━━━━━━━■□

i2テクノロジーズ・ジャパン広報代理
株式会社パブリシス 竹村/竹内
TEL: 03-5719-8901  
Email: i2_technologies@publicis.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社