お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

オンラインゲームはテレビゲーム機とハンドヘルドゲーム機によって大きく成長

米国の調査会社インスタット社では、2004年に340万に達した世界のコンソールとハンドヘルド両方のオンラインゲーム加入者は、2009年には3000万を超えると予測している。

テレビゲーム機とハンドヘルドのゲーム機はオンラインゲームの市場を大きく拡大していると、米国の調査会社インスタット社は報告する。世界のコンソールとハンドヘルド両方のオンラインゲーム加入者は、2004年に340万に達し、2009年には3000万を超えるだろうと同社は述べている。2006年にプレイステーション3をリリースするとき、ソニーが無料のオンラインゲーム加入を提供し続けるか、または有料化に踏み切るかが、今後数年間の加入者数の成長と収益に大きく影響するだろう。

「マイクロソフトは有料加入サービスに着手する唯一のゲーム機メーカーである。我々は、Xbox360のリリースと加入サービスによって、2004年から2009年の間にマイクロソフトは50%弱の年間加入者増を享受するだろうと予測している」と、インスタット社のアナリストBrian O'Rourke氏は言う。

インスタット社の調査レポートは以下についても述べている。

- ソニーは現在、有料サービスはテレビゲーム機によるオンラインゲームにとって大きすぎる障害であり、無料のオンラインプレーはなによりもロイヤリティの補強に役立つと考えている

- 任天堂はこれまでのところオンラインコンソールゲームには参入せず、携帯ゲームに非常に積極的にアプローチしてきた。無料のDSオンラインサービスのホストとして日本、北米、ヨーロッパにWi-Fiホットスポットネットワークを構築している

- ソニーは2005年にPSPのハンドヘルドコンソールによる数種のネットワークゲームを開始した。しかしソニーは、ホットスポットネットワークの設立やオンラインサービスにおいて任天堂ほど活動的ではない

インスタット社の調査レポート「オンライン対応家庭用/携帯用ゲーム機市場 : PCオンラインゲームには逆風 - Console and Handheld Online Gaming: Overshadowing the PC」は、2009年までのテレビゲーム機とハンドヘルドゲーム機のオンラインゲームプレイヤーの予測を行っている。各ゲーム機の年間導入数、加入者数、加入者収益、有料ダウンロードによる収益を予測し、ソニー、マイクロソフト、任天堂のオンラインゲーム戦略と、ソニー、任天堂、ノキアのハンドヘルドのオンライン戦略を提供する。この調査レポートは、PCオンラインゲームの予測は行っていない。


◆調査レポート
オンライン対応家庭用/携帯用ゲーム機市場 : PCオンラインゲームには逆風
Console and Handheld Online Gaming: Overshadowing the PC
リンク

◆インスタットについて
リンク


◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社