お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ユニファイドメッセージングが既存の音声メッセージング市場に取って代わる

従来の音声メッセージングではなく、企業向けメッセージングシステムの出荷数が伸び、その売上げの大半は、UMかUM対応のシステムであろう。

インスタット/MDR社によれば、従来の米国の音声メッセージングシステム市場は2002から2003年にかけて下降した一方で、従来の音声メッセージングとユニファイドメッセージングシステムの両方の、企業向けメッセージング市場の合計は上昇した。インスタット/MDR社は、従来の音声メッセージングではなく、企業向けメッセージングシステムの出荷数が全体的に伸び、その売上げの大半は、UMかUM対応のシステムであると見込んでいる。その結果、従来の音声メッセージング市場は、2003から2008年に12%のCAGRで伸びると予想している。

インスタット/MDR社は、以下のような調査結果も提供する。

・企業向けメッセージング市場の中では、Avayaは2003年22%のシェアで世界最高の収益を上げた。Nortelは僅差で第2位だった

・Nortelは、UMとUM対応メッセージングのカテゴリーでは23%で第1位であり、Avayaの収益は2位であった

インスタット/MDR社の調査レポート「ユニファイドメッセージングが従来のメッセージング市場を席巻」は、米国と世界の、従来の音声メッセージングとユニファイドメッセージングシステムの5年間の予測を提供する。

◆調査レポート
ユニファイドメッセージングが従来のメッセージング市場を席巻
リンク

◆インスタット/MDR社について
リンク


◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社