お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

2009年までに3倍に増加するオンラインゲーム収益

ネットワークゲームとデジタル配信がビジネスモデルの多様化を促進

米国の調査会社パークスアソシエイツ社では、米国のオンラインゲーム市場の収益が2009年には35億ドルを上回ると予測している。

米国のオンラインゲームサービス市場による2005年の収益は11億ドルで、2009年には35億ドルを上回るだろうと米国パークスアソシエイツ社の調査レポート「ネットワークゲーム:前途有望な市場 - Networked Gaming: Driving the Future」は報告している。オンラインコンソールゲーム、MMOG(massively multiplayer online gaming)、マルチプレイヤーインターネットゲーム、モバイルマルチプレイヤーゲームなどのネットワークゲームサービスは2009年にオンラインゲーム収益の約50%を占め、続いてデジタルダウンロードが23%を占めるだろう。


「オンラインゲームの主な2つの促進要因は、ネットワーク経由のゲームサービスとデジタル配信である」と、パークスアソシエイツ社のブロードバンドゲーミング部門の取締役Yuanzhe (Michael) Cai氏は言う。「今後4年間、ゲーム業界は小売販売だけに頼るのは止め、多様化したよりバランスの良いビジネスモデルを模索するだろう。」

オンデマンドゲームサービスはデジタル配信ゲームを補完し、ネットワーク経由のゲーム内の広告と二次的な市場は、ゲームソフトメーカーとサービスプロバイダに多額の収益をもたらすだろうと調査レポートは結論づけている。

「ゲーム業界はビデオ業界から貴重なことを学んでいる。GameTapなどの集合型ゲームネットワークによってゲームを販売する窓口が広がり、ゲーム内の広告は無料のMMOGのような革新的なビジネスモデルを促進できる」とCai氏は言う。「さらにパークスアソシエイツ社は、多くのゲームソフトメーカーとサービスプロバイダは『ゲーム内経済』と相反することなく、収益をあげる方法を見出せると考えている。」

米国パークスアソシエイツ社の調査レポート「ネットワークゲーム:前途有望な市場 - Networked Gaming: Driving the Future」は、消費者プロファイル、ネットワークゲーム、クロスプラットフォームのゲームについて記載している。また、これらのサービスを可能にしている技術、市場への影響、ゲーム開発者、ハードウェアメーカー、ブロードバンドサービスプロバイダの収益チャンスを考察している。


◆調査レポート
ネットワークゲーム: 前途有望な市場
Networked Gaming: Driving the Future
リンク

◆インスタットについて
リンク


◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

オンラインゲーム市場の収益予測

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社