お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

NTTPCコミュニケーションズが専用サーバホスティングサービス「WebARENA Solo」にFortiGate-5000シリーズを採用

フォーティネットのハイエンドUTMシステムの拡張性と高い信頼性を評価

Unified Threat Management/統合脅威管理 (以下、UTM) 市場のリーディングベンダー、フォーティネットジャパン株式会社は、株式会社NTTPCコミュニケーションズが低コスト・高信頼性の専用サーバホスティングサービス「WebARENA Solo」のセキュリティサービスの拡充として、フォーティネットのハイエンドUTMシステムFortiGate-5000シリーズを導入したと発表しました。

今回の導入はユーザ数の増大やセキュリティ機能の追加にも柔軟に対応できる拡張性、データセンタに要求される高い信頼性とパフォーマンス、導入コストなどが総合的に評価されたことによります。

NTTPCの「WebARENA」では顧客のホスティングサービスに対するニーズに幅広く対応出来るサービスラインナップを整えており、サーバのセキュリティ強化を重点課題として取り組んできました。専用サーバホスティングサービス「WebARENA Solo」では、2006年5月のリニューアルにより、複数台サーバの負荷分散及びセキュリティに関する機能が安価に提供可能であるという点がユーザに理解されたことで、運用サーバ台数が急増しました。その為、より拡張性が高く、柔軟かつ付加価値の高いセキュリティ機能をシステムで提供する必要が生じました。当初、NTTPCでは「FortiGate-800」シリーズの導入を検討していましたが、UTM導入による費用対効果などを綿密に試算した結果、拡張性と高いパフォーマンスを持ち、導入・運用コストが抑えられるハイエンドUTMシステム「FortiGate-5000」シリーズを導入することとしました。

今回の導入により「WebARENA Solo」では「FortiGate-5000」のモジュールを二重化して、フェールオーバを図ると同時に、企業によって異なったセキュリティ・ポリシーを提供できるバーチャルドメイン機能をフル活用して、専用サーバを利用する企業ごとにバーチャルドメインを提供するといった形で、1台の「FortiGate-5000」にファイアウォールなどのセキュリティ機能を集約し、個々のユーザニーズに応じたきめ細やかなサービスの提供が可能になりました。今後は、ユーザのセキュリティニーズを視野に入れながらIPSやアンチスパムのなどの機能拡張を行い、さらにはハウジングなどのサービスへの展開を行っていく予定です。

NTTPC コミュニケーションズ 取締役 ネットワーク 事業部長 細川 雅由氏は次のように述べています。
「弊社では、UTMやロードバランサなど、データセンタサービスのフロントエンドのサービスをコンポーネント化し、弊社のWebARENAをはじめとしたサービスにおいて、安価に利用可能なiDCプラットフォームの提供を行っています。今回は、WebARENA Soloにおいてセキュリティ機器を増設するにあたり、複数社のUTMを検討しました。以前から、他の用途においてFortiGate-400を既に利用しており、高い安定性とセキュリティ機能を実感していたことや、UTM市場での多くの実績、高い拡張性、パフォーマンス、導入・運用のコストパフォーマンスの高さなどを総合的に判断した結果FortiGate-5000シリーズの導入を決定しました。導入にあたっての販売代理店の支援体制も評価の一つとなりました。今後もフォーティネットの協力のもと、企業ニーズに先んじたサービスを提供していく予定です」

フォーティネットジャパン代表取締役社長である岡本吉光は次のように述べています。
「今回の国内有数のデータセンタサービスであるWebARENAへのFortiGate-5000シリーズの導入は、弊社のハイエンド向け製品の信頼性と拡張性の高さの証明であると考えます。今後もフォーティネットでは大規模企業およびサービスプロバイダ向けのFortiGate-5000シリーズを中心としたハイエンド製品の販売を日本国内でも強化してまいります」

●包括的で統合されたセキュリティ・プラットフォーム
全てのFortiGateシステムは、8つの必要不可欠なセキュリティ機能(アンチウイルス、ファイアウォール、VPN、IPS、アンチスパム、アンチスパイウェア、Webフィルタリング、帯域制御)を統合することにより、ネットワークおよびコンテンツに対する包括的な保護を実現します。このシステムはフォーティネットのFortiGuardサブスクリプション・サービスによって常に自動的に最新の状態に保たれており、絶え間ない更新により最新のウイルス、ワーム、トロイの木馬型ウイルス、その他の脅威から世界のどこでも24時間体制で確実に守られています。

用語解説

フォーティネット会社概要 (www.fortinet.com)
フォーティネットはASICベースの複合脅威に対応するセキュリティ・システムを提供するリーディングベンダーです。フォーティネットのセキュリティ・システムは、セキュリティ性を高めるとともにトータル・コストを下げることから、多くの企業やサービス・プロバイダなどに利用されています。フォーティネットが提供するソリューションは初めから様々なセキュリティ・プロテクション(ファイアウォールや、アンチウイルス、侵入防御、VPN、スパイウェア防止、アンチスパムなど)を統合するために作られており、複合型脅威や混合型脅威から顧客を守ります。カスタムASICと統合型インターフェースに優れたフォーティネットのソリューションはリモートオフィスから筐体ベースのソリューションに至るまで、統合管理・報告で優れたセキュリティ機能を提供します。フォーティネットのソリューションはこれまで様々な賞を世界中で受賞しており、ICSAから8種類の認定(ファイアウォール、アンチ・ウイルス、IPSec、SSL、IDS、クライアント・アンチウイルス検知、クリーニング、アンチスパイウェア)を受けた唯一のセキュリティ製品です。フォーティネットはカリフォルニア州サニーベールに本社を置く非上場企業です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社