お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

エプソン、「究極の黒」と5万時間以上の長寿命の有機ELシステムを開発

2007/10/16 11:56
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セイコーエプソン(花岡清二社長)は10月15日、「究極の黒」を表現する有 機ELディスプレイを開発したと発表した。また、実用化に向けた小規模量産対 応可能な開発製造ラインを長野県にある富士見事業所に設置し、稼動を開始した。

 開発した有機ELシステムは、画面サイズが8インチで、画素数は幅800×高さ 480、輝度は200cd/m2、コントラスト比は100000:1以上。画像の質を左右す る「黒」の表現を追求したほか、実用化に向けた技術課題として残されていた、 寿命の問題を改善。長寿命化の最大の課題であった初期段階の輝度劣化を、発 光材料の改善と独自の素子構造開発により克服し、実用化レベルである寿命5 万時間以上を達成したという。

 なお同社は、同システムを10月24日-26日にパシフィコ横浜で開催されるデ ィスプレイ技術の国際展示会「FPD International 2007」へ参考出展する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社