お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

HPがタイでLinuxノートPCをコンシューマー向けに販売

2003/05/13 10:29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Hewlett-Packard(HP)はタイにて、Linuxが動作する低価格のノートPC「people's notebook」を販売する。これは、同社が一般ユーザー向けにLinux搭載マシンを販売した初の例となる。

 タイの日刊英字新聞Bangkok PostとNationが伝えるところによると、HPのカスタムメイドのLinuxノートPCは、タイ政府のPC普及率増加促進をサポートするものになるという。

 このノートPCと、タイの現地企業が開発したデスクトップPCに対し、当局は補助金を出している。5月9日(現地時間)のBangkok Convention Centerは、実機を見て買い求めようとする人たちで溢れかえった。

 HPのノートPCは1万9500バーツ(458ドル)で、Celeron-800MHzに128MBのメモリ、20GBのHDDを搭載する。CD-ROMやFDDは搭載しない。またタイの現地企業のBelta、SVOA、Computecの3社が開発したデスクトップPCは1万900バーツ(256ドル)で提供されている。こちらはCeleron-1GHzを搭載し、128MBのメモリ、20GBのHDD、52倍速CD-ROMを搭載し、15インチモニターとスピーカー、キーボードが付属する。

 両PCとも、タイのICT(Information, Communications and Technology)省が推進しており、Linuxのタイ語バージョンであるLinux TLEを搭載している。

 同省は「まず10万台のPCを出荷し、次のステップでは100万の大台に乗せることを計画している」と説明する。また、同省は地方銀行と共同で購入者の分割払い方法などを考案した。

 首都バンコクのQueen Sirikit Convention Centreでは、5月9日の午前3時から3万人あまりの人が行列を作って待っていた。だが、それらはこれまでPCを所持する余裕がないような人たちを対象としていたため、多くの富裕な購買層はそのスペックを見て失望していたと、Nationは報告する。

 いままでのところ、Linuxの主要な用途はサーバなどであり、コンシューマー向けPCの市場はMicrosoftのWindowsやAppleのMacintoshなどで占められていた。米国を拠点とする巨大なPCメーカーであるHP、IBM、Dell Computerのいずれも、LinuxをプリインストールしたデスクトップPCやノートPCをコンシューマー向けに販売していない。

 台湾のECSのような小さなPCメーカーが、同社のDesknoteというバッテリーを搭載しない低価格ノートPCにオプションとしてLinuxインストールモデルを提供している。また米国メーカーのLindowsも、799ドルのLinuxノートPCを提供している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社