お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

NEC、サーバ管理に仮想マシンを活用

2003/02/04 16:25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECシステムテクノロジーは2月4日、米VMwareの仮想マシン(VM:Virtual Machine)ソフトウェアを使った「仮想マシンソリューション」を開発し、同日から販売活動を始めたと発表した。

 VMware社の「VMware ESX Server」と「VMware GSX Server」を利用することで、1台のサーバ上で複数のOSを同時に稼動させることができるため、システムの総所有コスト(TCO:Total Cost of Ownership)を約30〜60%削減するほか、ソフトウェアの開発・評価の効率化などを実現するという。

 ソリューションは(1)「サーバ統合ソリューション」、(2)「サーバ移行ソリューション」、(3)「開発・評価サーバ集約ソリューション」の3種を用意する。

 (1)は、Webサーバやメールサーバ、データベースサーバなど、分散している複数のサーバを、1台または数台のサーバに統合する。(2)では、サーバ上で稼動する各種アプリケーションを、最新のOSへ移行させる。具体的にはVMwareを用い、新旧のOSが同時稼動する環境を用意。アプリケーションを移設して段階的に最新OSに対応させる。(3)はOS、ミドルウェア、アプリケーション、ネットワーク構成など、ソフトウェア開発に必要となるさまざまな開発/評価環境を1台のサーバ上で実現する。

 仮想マシンソリューションの価格は85万円から。同日より出荷をはじめる。NECでは今後3年間で1000ユーザーへの提供を見込んでいる。

「仮想マシンソリューション」に関するNECのサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社