CNET Japan Live 2022 社内外の
「知の結集」
で生み出すイノベーション

2022.
2.21(Mon) - 3.4 (Fri)
@ONLINE
イベントのお申し込みはこちら
ニューノーマル時代となり、私たちにとって当たり前だった常識が覆され、様々な業界でゲームチェンジが起きている今、企業にはこれまで以上に早いスピードでの意思決定や事業開発が求められるようになっている。 このような状況もあり、年々勢いを増しているのが、1社ではなく複数社の知見や技術を掛け合わせる「オープンイノベーション」や、社内のあらゆる部署から知恵を募る「社内ビジネスコンテスト」だ。 こうした社内外の“知の結集“でイノベーションを生み出そうとしている挑戦者たちを紹介する。

Event Summary講演内容

名称 CNET Japan Live 2022 社内外の「知の結集」で生み出すイノベーション
開催日時 2022年2月21日(月)〜3月4日(金)の平日 15:00〜15:40、17:00〜17:40
(※講演時間はセミナー内容によって異なります。)
会場 Zoomウェビナーにて開催
主催 朝日インタラクティブ株式会社
メディアスポンサー CNET Japan
イベントのお申し込みはこちら

Program講演内容

2/21 (Mon)
A-1 15:00 - 15:40

多様性は共創を生む

業界でいち早く2015年から不動産テックを導入した背景には、同年にスマホ市場、EC市場、オンライン市場、SNS市場が加速し、不動産業界は「このまま変わらずにいられるだろうか」と代表自らが問題提起。そこで、IT・AI・データ分析・マーケティング等、様々な分野での知見や専門性あるベンチャー企業をも巻き込み、オープン・サービス・イノベーションラボを展開。社内では業務の役割や職位や部署も関係なくメンバーをアサインし、複数の社内プロジェクトを立ち上げる。また、社内外で実施したビジネスコンテストの企画を採用し、具現化を実現。多様性からの「知の結集」により、新しいサービスの創出や価値創造に繋げている。

田村 穂

ハウスコム株式会社

代表取締役社長執行役員

田村 穂

Profile

経営修士(MBA)中央大学大学院戦略経営研究科修了(榊原清則ゼミ)。2016年度、中央大学商学部客員講師に。大学在学中に宅建主任者の資格を取得。その後、不動産業界での経験を経て、1994年に同社入社。営業スタッフから1年で店長に抜擢される。常務取締役営業本部長を経て、2014年3月に社長に就任。賃貸仲介業から賃貸サービス業への変革を進め、人工知能などのITテクノロジーを活用したユーザー向けサービス・プラットフォーム「マイボックス」をリリース。自社のビッグデータを活用し、オープンサービス・イノベーションラボを展開。社会・地域に貢献できる不動産テック企業を目指す。

B-1 17:00 - 17:40

『社員の副業化による企業活性』
~企業と社員が協働で新たな事業を創る~

大きな組織の中で新規事業を立案し推進する苦労とその手法、そして、その先に見えてきた『社員の副業化による企業活性』で新たな事業を創る実例をお話しします。実際に現在、大企業とベンチャーを掛け持ちする新しい働き方を実践中であり、そこで見えてきた企業と社員のこれからの関係が、新たな企業活性につながるのではないか?と考えています。事業を創る方法としては、目立つ仕事と地味で重要な稼ぐ事業開発を並行して推進するスタイルで日々新規事業を模索しています。

東 克紀

YKK AP株式会社

事業開発統括部 統括部長

東 克紀

Profile

入社から13年間 商品開発部門、その後セールスエンジニア部門、社内選抜社員による経営学プロジェクト参加などを経て、2014年から現職。新規事業開発のみならず、素材開発、商品企画、社内人材育成などを通して、現代の課題に対し柔軟な解決を目指しながらこれからの建材の可能性を追求している。
2016年 
TV東京 ワールドビジネスサテライト トレンドたまご出演  『未来窓第1弾』
2016年
TV東京 未来シティ研究所 未来創造人として出演 『未来窓第1弾』
2016年
雑誌 ブレイン インタビュー掲載、その他 雑誌等に掲載 『人材育成、未来窓』
2017年
TV東京 ワールドビジネスサテライト トレンドたまご出演 『未来窓第2弾』
2017年
コードアワード グッドイノベーション部門受賞 『未来窓第1弾』
2017年
大学発ベンチャー表彰 経済産業大臣賞受賞 『超軽量透明断熱材エアロゲル開発』
2018年
フジテレビ プライムタイム出演 『未来ドア』
2019年~ 
リビングテック協会 理事、HIP掲載、講演会 などなど
2021年~ 
TV東京 巨大企業日本革命3.0 「生きづらいです2021」新規事業立上げ男で出演  田村淳が『池袋がInnovation Council』出演   

2/22 (Tue)
A-2 15:00 - 15:40

調整中

B-2 17:00 - 17:40

ドコモの新規事業創出の取組みと目指す世界

ドコモの新規事業創出プログラム「39works」は2014年7月にスタートし、プログラム自体をリーンに改善しながら、これまで1000件を超える企画から多産多死を経て、3件の事業部移管と2件の子会社設立まで実現してきた。その中で、電子チケットサービスteket(https://teket.jp/)は、外部環境の変化へ数日で対応するなどお客様に寄り添い続けることで、事業成長を続けている。teketの爆速経営を通して39worksの仕組みと、これから39worksが目指す世界について、語る。

稲川 尚之

株式会社NTTドコモ

イノベーション統括部 部長

稲川 尚之

Profile

NTTドコモ入社後、インフラ設計といった技術畑からキャリアをスタートさせ、資材調達や国際ビジネス、人事なども担当。MBA取得のための海外留学を経験し、2013年にドコモイノベーションズの社長に就任。シリコンバレーで北米におけるベンチャー企業との連携・出資のチームを率いる。2016年7月から株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ副社長、また2018年6月から株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ 代表取締役社長に就任し、NTTグループのCVCとしてベンチャー投資・協業の実績を積む。2021年6月から現職。

イノベーション統括部 事業化第一担当

株式会社NTTドコモ

イノベーション統括部 事業化第一担当

島村 奨

Profile

NTTドコモの39worksプログラムを利用し、駐車場サービス「Smart Parking Peasy」の立ち上げに参画。最前線でプロダクト開発を担い、 2017年度グッドデザイン賞ベスト100およびグッドデザイン特別賞 [未来づくり] 受賞。4歳からバイオリンを始め、慶應義塾ワグネル・ソサィエティー・オーケストラなどの複数のアマチュアオーケストラに所属する中で、その運営に課題を感じ、電子チケット管理サービス「teket」をローンチ。

2/24 (Thu)
A-3 15:00 - 15:40

調整中

B-3 17:00 - 17:40

調整中

2/25 (Fri)
A-4 15:00 - 15:40

デジタルツインで社会課題解決に挑む「日本版スマートソサエティ構想」
〜サイレントマジョリティを「民意」として可視化〜

デジタルツインコンピューティング技術によって民意(ユーザーの行動と声)の可視化を行い、2030年の社会課題をビジネスで解決する、産官学連携「日本版スマートソサエティプロジェクト」についてご紹介します。また、経済損出と社会意義の大きい「気象災害」をユースケースに「デジタル防災訓練」の実証実験を実施し、避難前後の行動を可視化、行動変化を促す仕組みを検証する取り組みもご紹介予定です。本講演を機に、「防災・減災」「SDGsやCreating Shared Value(CSV)」 の実現を新規事業のテーマに取り組まれている方々と、社会課題に向けたソリューション検討と実装を、 ご一緒に出来ればと思います。

テ ナイントン

NTTコミュニケーションズ株式会社

イノベーションセンター・ビジネスデザイナー

テ ナイントン

Profile

ミャンマー出身。2008年に来日し、大学ではインタラクティブ/UXデザインを専攻。2014年にNTTComへ入社、C向け最大手プロバイダーのプロダクトマネジメントとしてキャリアをスタートし、2018年より社内新規事業創出プログラム「BI Challenge」初期立ち上げメンバーとして、現職にジョイン。2019年経産省Innovator育成プログラム始動5期生として選抜。2020年にCSVに資する新規事業創出「日本版スマートソサエティPJ」にジョイン。2021年10月にサービスリリースしたワークスペース検索・予約サービス「droppin」新事業立上げメンバー。ミャンマー語、中国語、日本語、英語4ヶ国語精通。

B-4 17:00 - 17:40

3社の事業共創で挑む観光案内DX
~月間利用者1,000名超の「リモートコンシェルジュ」とは~

Huber.、Nextremer、東急の3社は共同で「リモートコンシェルジュサービス」を開発。本サービスでは、施設案内などのよくある質問にはAIチャットボットで回答し、一方で、お客様の嗜好に合わせた旅プランの提案を、いくつかの質問に回答するだけの「たび診断」や、その結果をもとにした遠隔接客を通じて行います。本事業共創は、東急グループの幅広い顧客接点とアセットを活用して新たな価値を創出する東急アライアンスプラットフォーム(TAP)がきっかけとなり実現しました。オープンイノベーションを活用した具体的な事業創出事例としてご紹介します。

紀陸 武史

株式会社Huber.

代表取締役CEO

紀陸 武史

Profile

1977年 東京生まれ ソフトバンクアカデミア外部第一期生 2015年4月 神奈川県鎌倉市にて、株式会社Huber.を創業。 東急が主催する第1回東急アクセラレートプログラムで最優秀賞を獲得し、オープンイノベーションに着手。ガイドを活用した斬新なマーケティング施策により、世田谷線の乗客数40万人増を実現し、資本業務提携を締結した。また訪日外国人向け観光案内所の共同運営に着手。5年間に渡り深い信頼関係を構築し、2021年に東急・Nextremerと「AIリモートコンシェルジュ」をリリース。本サービス以外にも、移住促進や地域PR、有償アクティビティ連携等、事業共創が進んでいる。

向井 永浩

株式会社Nextremer

代表取締役社長CEO

向井 永浩

Profile

大学卒業後、 大手メーカーのシステムエンジニアとしてキャリアをスタート。2012年10月に 株式会社Nextremerを設立。「データによって新たな価値を創出し、人の可能性を高め続ける」をミッションに事業を展開。遠隔コミュニケーションの最適化に向けたプロダクト開発・販売を手掛ける<Remosis事業>を展開するほか、課題毎に最適なアルゴリズム実装および、データを生成するラベリングサービスを提供する、<AIモデリング/データラベリング事業>を展開。多様なデータに高度な分析を実施することで新たなデータ価値の創出を目指す。

天野 真輔

東急株式会社

交通インフラ事業部戦略企画グループ兼フューチャー・デザイン・ラボ
課長代理

天野 真輔

Profile

2005年東京急行電鉄株式会社(現東急株式会社)入社。主にリゾート事業やリテール事業、メディア事業での新規事業開発を担当。その後、2018年より観光事業の担当となり、スタートアップ企業とのオープンイノベーションによる事業共創を推進し観光案内所事業の立ち上げや観光案内のDXサービスを開発。2018年10月より株式会社Huber.の執行役員を兼務。

武居 隼人

東急株式会社

フューチャー・デザイン・ラボ
東急アライアンスプラットフォーム(TAP)事務局

武居 隼人

Profile

2016年に東京急行電鉄株式会社(現、東急株式会社)に入社。グループ会社に出向後、営業を経てホームIoTサービスやガス事業の立ち上げに参画。2019年より現職。東急アライアンスプラットフォーム(TAP)及びShibuya Open Innovation Lab(SOIL)事務局として東急グループのオープンイノベーション推進に従事

2/28 (Mon)
C-1 15:00 - 15:40

OKIの全員参加型イノベーションで挑む社会課題解決(仮)

OKIでは、SDGsに代表される様々な社会課題の解決を目指し、ISO 56002に先駆けてイノベーション創出の仕組みのYume Proを構築し、2018年度から始動した。当初はイノベーション推進部門からスタートしたこの取り組みは、2020年度から全社レベルに拡大され、全員参加型のイノベーションとして、新たな価値創出への取り組みへ加速している。このイノベーション創出の仕組みについて概観し、その実例として社会課題解決に向けた共創活動成果について語ります。

沖電気工業株式会社

執行役員 イノベーション責任者(CINO)兼 技術責任者(CTO)

藤原 雄彦

Profile

1987年4月沖電気工業株式会社入社。2019年 4月 同社 経営基盤本部イノベーション推進部長、2020年 4月 同社 イノベーション推進センター長を経て、2021年 4月 同社 執行役員 イノベーション責任者 兼 技術責任者に就任。全社員参加型のイノベーションを実現すべく、社内の文化改革(社員の意識改革)とパートナー企業との共創活動の推進を行い、イノベーション活動の最前線で活躍中。

D-1 17:00 - 17:40

調整中

3/1 (Tue)
D-2 17:00 - 17:40

調整中

3/2 (Wed)
track-c">
C-3 15:00 - 15:40
生田目 雅史

東京海上ホールディングス株式会社

常務執行役員 グループCDO

生田目 雅史

Profile

東京大学法学部卒、ハーバード大学MBA。
88年日本長期信用銀行入行。ドイツ証券、モルガン・スタンレー証券、ビザ・ワールドワイド・ジャパン、ブラックロック・ジャパン取締役を経て、2018年東京海上ホールディングス入社。
21年4月より、東京海上ホールディングス常務執行役員グループCDO。

大島 典子

東京海上日動火災保険株式会社

dX推進部 担当課長

大島 典子

Profile

NTTドコモ、ソフトバンクにて新規事業・サービスの立ち上げに従事。
「みまもる」をコンセプトに、IoT商材を企画しミリオンセラーを達成。
21年6月東京海上日動に入社。
防災・減災領域の戦略立案・防災コンソーシアムCOREを設立。

D-3 17:00 - 17:40

調整中

3/3 (Tue)
C-4 15:00 - 15:40

調整中

D-4 17:00 - 17:40

新たな価値の誕生を目撃せよ。
パナソニック Game Changer Catapult「未来のカデン」発表会

激変する社会環境の変化の中で「未来のカデンをカタチにする」というミッションの下、Game Changer Catapultは2016年にスタートしました。大企業内アクセラレータプロジェクトの先駆けとして、社外との共創も積極的に行うオープンイノベーション発想を取り込むなど独自の流儀とカルチャーを創り続けてきました。GCカタパルトの今期6期のビジネスコンテストでは、現在の社会の大きな変化を反映した、SDGsやD&I視点の事業アイデアが6つ選出されました。これらをピッチ形式でご案内し、皆様からの率直なフィードバックをいただくことを楽しみにしております。

向奥 裕基

パナソニック株式会社

Game Changer Catapult事務局

向奥 裕基

大庭 めぐみ

「FLOWUS」 リーダー
概要:自宅浴室で蒸気浴を可能にする置き型カデン

大庭 めぐみ

薦田 亮

「ツヅクンデス」 リーダー
概要:高齢者の自力歩行寿命を延ばす、オンライン運動サービス

薦田 亮

多田 薫子

「kagaMe」 メンバー
概要:マインドフルな思考の醸成をサポートするサービス

多田 薫子

石崎 祐大

「COYA」 リーダー
概要:夫婦2人での主体的な育児参画を支援するサービス

石崎 祐大

山崎 智史

「Ipsum」 リーダー
概要:発達に特性があるお子様の「強み」を見つけ伸ばす教育サービス

山崎 智史

松田 淳一

「コデカケ」 リーダー
概要:聴覚障がい者向け外出支援デバイス/サービス

松田 淳一

3/4 (Fri)
C-5 15:00 - 15:40

ボトムアップで新規事業を創出する
~ NTT ComのビジネスコンテストDigiCom(デジコン)のチャレンジ~

NTTコミュニケーションズでボトムアップで進めているビジネスコンテストDigiCom(デジコン)の取り組みをご紹介します。講演ではDigiComイベントとして開催したDemodayの上位3チームが登壇し、どのような思いで新規事業創出にチャレンジしているのか、どのように進めようとしているのかなど、参加者の生の声をお伝えできればと思います。

D-5 17:00 - 17:40

調整中

※プログラムは、予告なしに内容を追加や変更することがございます。ご了承ください。

Entryお申込み

個人情報の取り扱いについて

<個人情報の利用目的>

・本セミナーへのご参加には、CNET_IDへのご登録が必要です。CNET_IDご登録時にご入力いただきました登録情報は、当セミナーに関するご連絡、及び朝日インタラクティブ株式会社よりご提供するメンバーサービスに利用されます。

・また、本セミナーにお申し込みされたお客様の情報、およびご視聴時にご入力いただきます情報とお申し込み情報を紐付けた情報は、当社と個人情報保護に関する契約書を取り交わしております、協賛企業(NTTコミュニケーションズ株式会社、株式会社NTTドコモ、沖電気工業株式会社、東急株式会社、東京海上ホールディングス株式会社、西日本電信電話株式会社、ハウスコム株式会社)に、当社個人情報取扱フローに準じて、適切な方法にて提供されます。

・お客様の個人情報は主催企業である弊社からのイベントやサービス、取材依頼等のご案内の他、協賛企業(NTTコミュニケーションズ株式会社、株式会社NTTドコモ、沖電気工業株式会社、東急株式会社、東京海上ホールディングス株式会社、西日本電信電話株式会社、ハウスコム株式会社)からの製品・サービスに関する情報を電子メールやダイレクトメール、お電話にてご提供する場合のみ、利用致します。

・具体的な個人情報の利用目的については「サービスごとの個人情報の利用目的」をご覧下さい。

・必要な個人情報をご記入いただけない場合には、当セミナーへの参加をご遠慮いただく場合がございますのでご了承下さい。

<個人情報の取扱いについて>

・ご回答いただいた内容、および個人情報は、朝日インタラクティブ個人情報保護方針の下で適切に取り扱われます。

・当社では個人情報を、上記に記載している利用目的の範囲内で外部に委託する場合、および法令等に基づく正当な理由により要求された場合を除き、あらかじめご本人の同意を得ることなく第三者に開示または提供することはありません。また、本人が容易に認識できない方法によって個人情報を取得することもございません。

・お客様ご本人の情報についての利用目的の通知・開示・利用停止、提供の拒否のご依頼についてはこちら、訂正・削除についてはこちらをご覧下さい。

朝日インタラクティブ株式会社 個人情報保護管理責任者 経営管理部 ディレクター

【お問い合わせ】
朝日インタラクティブ株式会社 お客様プライバシー係
privacy-inq@aiasahi.jp
※当社の個人情報の取扱いに関するご質問や苦情等のご連絡はこちらから

Contact Usお問い合わせ

当セミナーに関するお問い合わせは、以下までメールにてご連絡下さい。

朝日インタラクティブ イベントサポート
メールアドレス:

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]