logo

Putmenuならスマホで「注文0分」「会計0分」!~IoTでレストランを楽しく、便利に~

Powered by Microsoft Azure


ボクシーズ
代表取締役
鳥居暁氏

 顧客が商品に対する接点・関心・購入に至るまでの過程を旅に例えた「カスタマージャーニー」の最適化や、利用者の体験を指す「ユーザーエクスペリエンス(ユーザー体験)」を向上させるソリューションは広く求められている。今やパブリッククラウドは、そのバックボーンで充実した機能や柔軟なスケール変化を提供し、欠かせない役割を果たしている。例えばMicrosoft Azure(以下、Azure)は、既に多くの企業が利用する。膨大なアプリケーションを利用できるApp Serviceや、グローバルに分散して複数モデルのデータベースを実現するCosmos DB、小規模なコードをクラウドで手軽に実行できるAzure Functionsなど、利用場面は多岐にわたる。

 そして今回、着目するのは、Azure上で注文から支払いまでの手順を最適化し、UX(ユーザー体験)向上を実現する「Putmenu」だ。こちらを手掛けるボクシーズ 代表取締役 鳥居暁氏に、その利便性を聞いた。

「注文時間」も「会計時間」も0分!
実現のカギとなったデジタルトランスフォーメーション


Putmenuから店舗と注文内容、注文数を選択してカートに入れる

--まず「Putmenu」とはどういったアプリケーションなのでしょうか

鳥居氏:ボクシーズとタグキャストが共同開発したスマートフォンアプリです。来店者のスマートフォンにインストールしたPutmenuから店舗と料理と決済方法を選び、席に着いてスマートフォンをかざした瞬間に、注文と会計が完了します。その後は調理場などに設置した専用プリンタからオーダーが伝わるので、お客様は調理後の注文商品が運ばれるのを待てばよいので「注文時間0分」が実現できます。従来、混雑時に行列ができていると、ただ並ぶだけでした。Putmenuがあれば席に着く前に料理を選んで会計を済ますことができます。

 ですが、「時間がなくて席に着けなかったのに、決済だけが済んでしまう」といったことはありません。決済の確定はあくまで、店舗でスマートフォンをかざした段階です。その瞬間、「会計時間0分」で完了するのです。キャリア決済(「ソフトバンクまとめて支払い」、「ドコモケータイ払い」、「auかんたん決済」)やAlipay/LINE Pay/PayPal/Apple Payなどに対応します。

 こうして、注文と会計のデジタルトランスフォーメーションを実現しています。


決済手段を選んでテーブル上のPのマークにかざせば、オーダーと支払が完了する。

--店内のテーブルの位置情報などはどうやって把握しているのでしょうか

続きはPDF版でご覧頂けます!ぜひダウンロードしてご活用ください。

このあとのダイジェスト

注文は、どのテーブルから?もう始まっている店舗の「IoT化」
スマートフォンを置くだけでテーブル番号が伝わる「テーブルIoT」!
レストラン「ESOLA Shibuya」の店内は全テーブルがIoT対応
Azureは、スタートアップ企業にプラスだった
エバンジェリストが助言も!手厚い支援がビジネス推進の決定打に
柔軟なクラウド基盤は、スタートアップの心強い武器になる
Putmenuが視野に入れる、さらなる変革--ビッグデータ活用と、その先へ
蓄積データのAI活用で、マーケティングを進化させたい
店舗作成の顧客台帳も不要に、POSベンダーとの連携も検討
Azure側の新機能追加も期待!やりたいアイディアを素早く形に
今後はBing Speech APIを活用した音声認識システムの導入なども検討。
さらにPutmenuを進化させていきたい!
提供:日本マイクロソフト株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2018年6月30日

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]