お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ジュニパーネットワークス、SSL VPN、ファイアウォール/VPN、RADIUSサーバーの日本国内市場占有率第1位に

UTM(統合型脅威管理)アプライアンスでも僅差の第2位に

ジュニパーネットワークス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:大須賀 雅憲。以下、ジュニパーネットワークス)は本日、日本を代表する調査会社のひとつである富士キメラ総研(以下、富士キメラ)の市場調査において、SSL VPN、ファイアウォール/VPN、RADIUSサーバー(ソフトウェア部門)の各分野において、日本国内市場占有率第1位を獲得したことを発表しました。

先日公表された富士キメラの調査報告書「2007 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」によると、ジュニパーネットワークスは、2006年度のSSL VPN市場における市場占有率が、数量ベースで29.2%、金額ベースでも29.7%で第1位となりました。また、ファイアウォール/VPN市場においても、数量ベースで他社を大きく引き離す市場占有率64%で第1位になりました。さらに、RADIUSサーバー(ソフトウェア部門)市場においても、「Steel-Belted Radius(SBR)」の市場占有率を金額ベースで32.3%まで伸ばし、第1位でした。

そのほかのセキュリティ製品市場においても、ジュニパーネットワークスの業績は、好調でした。UTM(統合型脅威管理)アプライアンス分野でも、「NetScreen」シリーズの後継機種である「Secure Services Gateway (SSG)」シリーズの市場占有率が29%に達し、僅差の第2位でした。富士キメラでは、大規模事業所やセンター向けの上位機種を除いて、今後スタンドアローン型ファイアウォール/VPN製品からUTM(統合型脅威管理)アプライアンスへの移行が、さらに加速されると予測しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社