お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

RFID市場の概観

米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「RFID市場概観」は、地域別のRFID技術、アプリケーション、特定の垂直市場について専門的で詳しい調査結果を提供し、広範なRFID市場を概観している。

ニューヨーク州オイスターベイ、2006年4月6日
無線ICタグ(RFID)は用途の多い技術である。サプライチェーンロジスティックス、航空宇宙産業、自動車、国境警備、生命科学、医療、小売、輸送などの幅広い分野で、様々な形で利用されている。

ABIリサーチの多くの調査レポートやアナリストが、特定の垂直市場やRFIDアプリケーションについて言及しているが、市場が多岐にわたるため、投資家、政府、統合サービスプロバイダ、エンドユーザー、開発者がRFIDの全体像を把握したり、急成長している市場全体の背景を理解したりするのは容易ではない。

米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「RFID市場概観:RFIDタグ、リーダ、ソフトウェア、サービスの垂直市場とアプリケーション市場」は、RFID市場の全体像を把握するために役立つデータを提供している。地域別のRFID技術、アプリケーション、特定の垂直市場について専門的で詳しい調査結果を提供し、広範なRFID市場を概観している。

RFIDとユビキタスネットワーク調査の取締役であるErik Michielsen氏は言う。「RFIDは、様々技術、アクティブとパッシブ設計、幅広い周波数帯域でそれぞれ微妙に異なる。この調査レポートは、これらの技術を説明したうえで関連アプリケーションを示し、垂直市場がアプリケーションやビジネスプロセスの市場に参入している方法を記載している。」

またアクセス管理、動物の追跡、車両盗難防止(イモビライザー)などの成長が低迷しているRFIDアプリケーションと、住民登録、非接触支払いによる店舗販売、物品のRFIDトラッキングなどの急成長しているアプリケーションの相違を明示している。

「調査レポートに記載されている多数のベンダプロファイルは、『トップ30』のリストとしてではなく、巨大なRFIDのエコシステムを特徴づける特殊性、企業規模、世界各国などの幅広い現状を理解できるように選んでいる」とMichielsen氏は言う。


◆調査レポート
RFID市場概観:RFIDタグ、リーダ、ソフトウェア、サービスの垂直市場とアプリケーション市場
リンク

◆米国 ABI リサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社