お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

「新規参入事業者の最新動向」の販売開始

BBモバイル、イー・モバイル、アイピーモバイルが、競うようにW-CDMA方式のデータ通信サービスを開始!!

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるネットアンドセキュリティ総研株式会社(代表取締役 原 隆志 東京都港区)は、モバイル・マーケティング・レポートの企画・制作を行うエムレポート(代表 大門 太郎)が、2005年における携帯電話市場の新規参入事業者などについて調査し、レポートにまとめた「新規参入事業者の最新動向」の販売を開始しました。

報道関係者各位

平成17年11月9日
ネットアンドセキュリティ総研株式会社
リンク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ネットアンドセキュリティ総研、
     「新規参入事業者の最新動向」の販売を開始
~BBモバイル、イー・モバイル、アイピーモバイルが、
      競うようにW-CDMA方式のデータ通信サービスを開始!!~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるネットアンドセキュリティ
総研株式会社(代表取締役 原 隆志 東京都港区)は、モバイル・マーケテ
ィング・レポートの企画・制作を行うエムレポート(代表 大門 太郎)が、
2005年における携帯電話市場の新規参入事業者などについて調査し、レポート
にまとめた「新規参入事業者の最新動向」の販売を開始しました。

【詳細URL:リンク


■■ 調査内容 ■■

●2006年秋以降に続々と参入予定

2005年9月末現在、日本国内における携帯電話ユーザ数は8,912万6,800、PHSユ
ーザ数が448万5,800です。それに伴い、移動体通信ユーザ数は合計9,361万2,6
00になっています。総務省による統計では日本の総人口は10月1日時点で1億2,
768万7,000であり、携帯電話普及率は69.8%、移動体通信普及率が73.3%でし
た。こうした現状の中、携帯電話市場へ新規参入を目指す通信事業者が登場し
ました。

ソフトバンクはBBモバイル、イー・アクセスがイー・モバイル、マルチメディ
ア総合研究所はアイピーモバイルを設立しています。ただ、BBモバイルとイー
・モバイルは1.7GHz帯、アイピーモバイルが2GHz帯への新規参入を目指します
。新規参入各社は主にデータ通信サービスを開始する計画で、開始時期はソフ
トバンクが試験ながらも2006年秋、イー・アクセスは2007年3月、アイピーモ
バイルが2006年10月となっています。

●キーワード

・06年秋の参入を目指すBBモバイル
BBモバイルは2006年秋にW-CDMA方式のデータ通信サービスを開始する計画。

・07年3月にはイー・モバイルも開始
イー・モバイルが2007年3月からW-CDMA方式のデータ通信サービスを開始。

・06年10月に参入するアイピーモバイル
アイピーモバイルは2006年10月にTD-CDMA方式のデータ通信サービスを開始
する計画。

●既存事業者の動向

NTTドコモが2005年度第3四半期中に、総務省へ東名阪バンドにおける1.7GHz帯
の周波数割当を申請する考えです。「FOMA」ユーザ数が増加しており、周波数
容量に余裕がなくなってきたことに対応します。


■■ 目次 ■■

要約
キーワード
   表:事業者各社への携帯電話周波数割当状況と新規割当希望

1.市場概況
▼2006年秋以降に続々と参入予定
   表:新規参入事業者3社の事業計画
   表:携帯電話周波数の割当状況

2.ソフトバンクの動向
▼2006年秋にデータ通信試験サービスを開始
 ・事業モデルは脱垂直統合
 ・参入当初は従来型の端末を投入
 ・ベンダー・ファイナンスで設備投資を抑制
▼今後も続く基地局用地交渉
 ・10月にHSDPA方式などのハンド・オーバー実験を実施
 ・7月に日本エリクソンと3Gと無線LANとの相互切替に成功
 ・6月にノーテルとHSDPA方式実証実験に成功
 ・6月にノーテルと3Gと無線LANとの相互切替に成功
 ・5月から1.7GHz帯W-CDMA方式の実証実験を開始
 ・4月から1.7GHz帯W-CDMA方式の実証実験を開始
 ・4月から北海道大学とTD-CDMA方式の実証実験を開始

3.イー・アクセスの動向
▼2007年3月から大都市圏でデータ通信サービスを開始
   表:イー・モバイルの事業展開計画
   表:モバイル事業への取り組み
▼端末はメーカ・ブランドを採用
 ・スマート・フォンでユーザ獲得を目指す
 ・ポータル・サイトも開放
 ・5年間で約4,000億円の投資
▼全国網はNTTドコモとのローミングを想定
 ・10月に第三者割当増資を実施したイー・モバイル
   表:イー・モバイルへの第三者割当増資の概要
   表:イー・モバイルの会社概要
 ・10月にイー・モバイルに人員を一本化
   表:人事異動の概要(2005年10月1日付)
 ・9月からヨドバシカメラでコンセプト・モデルを展示
   表:コンセプト・モデルの概要
   図:Multifunctional Model
   図:Touchscreen Model
   図:Music Box Model
   図:Wireless Data Communication Device
▼米Goldman Sachsからも出資の見込み
 ・8月にTBSと資本提携
 ・7月からMobile WiMAX実験の準備を開始
 ・7月にインテルと端末開発で提携
 ・6月にトーカイコムなどと協業検討で合意
 ・5月にニフティとMVNO事業の検討で合意
 ・5月に1.7GHz帯W-CDMA方式での実験局本免許を取得
 ・5月に総務省へMobile WiMAXを提案
 ・3月に1.7GHz帯W-CDMA方式実験局免許を申請
 ・1月にイー・モバイルを設立

4.アイピーモバイルなどの動向
 ・06年10月から東名阪でデータ通信を開始
 ・投資総額は1,500億円を想定
 ・9月末に2GHz帯での免許交付を申請
 ・10月に第三者割当増資を実施
 ・WIRELESS JAPAN 2005でTD-CDMA方式を実演
 ・携帯電話市場への参入を断念したNTTコム

5.既存事業者の動向
▼NTTドコモの動向
 ・第3四半期中に1.7GHz帯の周波数割当を申請見込み
 ・ローミング受け入れには条件付き
 ・6月から1.7GHz帯FOMA基地局などの評価試験を開始
   表:光張出タイプ基地局装置の主な仕様
   図:1.7GHz帯屋外増幅変復調装置
▼東名阪バンドの1.7GHz帯獲得を目指すボーダフォン

6.関連リンク
   表:関連リンク(五十音順)


■■ 概要 ■■

商 品 名:「新規参入事業者の最新動向」
発 刊 日:2005年11月
判 型:A4版22頁〔PDF資料〕
発  行:エムレポート
販  売:ネットアンドセキュリティ総研株式会社
頒  価:15,750円(税抜15,000円+消費税750円)

【詳細URL:リンク


【お申し込み方法】
上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらよりお申し
込みいただく形となります。
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を
明記の上お申し込み下さい。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフ
ォームでのお申し込みも可能となっております。


■■ ネットアンドセキュリティ総研株式会社 ■■

・設  立:1996年10月
・資 本 金:151,450,000円(2003年11月20日現在)
・代 表 者:代表取締役 原 隆志
・事業内容:インターネットビジネスの総合シンクタンク
・取扱商品:・企業様のweb、メールマガジンのコンテンツ企画、制作、運
       用、顧客対応業務の代行
      ・セキュリティ製品レビュー、ウイルス情報、セキュリティホ
       ール情報、インシデント情報など幅広くセキュリティ情報を
       提供
      ・情報通信市場、ネットビジネスに特化した独自調査の企画、
       受託、調査資料の制作・販売
      ・インターネットリサーチの実施および事業立ち上げ支援
       サービスなど
・U R L: リンク
・連 絡 先:〒106-6138
      東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー38F
      株式会社ライブドア内
      TEL:03-5770-4417 / FAX:03-5770-4419
      info@ns-research.co.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

〒106-6138
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー38階
ネットアンドセキュリティ総研株式会社
株式会社ライブドア内
TEL: 03-5770-4418 / FAX: 03-5770-4419
担当:安田
info@shop.ns-research.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社