お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

VoIPは主流になる

住宅向けのVoIP市場の様々な企業(独自のアクセス、PCベース、既存のキャリア)について評価した

VoIPは、まだ利用者数は少ないが、早期導入者の段階からマス利用の段階へと進みつつある。ケーブルオペレータや主要電話会社の競争が激しさを増したため、機能が新たに加えられ、価格は下がり、市場での妥当性が高まっている。プローブグループ社の調査レポート「VoIPは主流になる」は、市場の方向性を決定する住宅向けのVoIP市場の様々な企業(独自のアクセス、PCベース、既存のキャリア)について評価する。

「今後数ヶ月間に、規格と競争によってVoIP産業が形作られるだろう。旧Bell社のFRBOCsはまず、ケーブル会社とのモデム争いで顧客を失い、そしてまた今度はVoIP戦争に当って、音声やビデオデータのバンドルでの厳しい競争において、アクセスラインも顧客も維持できないという現実に直面している」とプローブグループ社の米国キャリアリサーチ担当副社長Lynda Starr氏はコメントする。

プローブグループ社の調査レポート「VoIPは主流になる」は、VoIP市場の様々なタイプの企業と市場がどこに向かっているかを分析し、市場予測も行っている。この調査レポートはプローブグループ社が提供する年間サブスクリプションサービス「米国キャリアの戦略と市場(US CSM)」シリーズの一環で、米国通信市場の分析と現状を提供する。

◆調査レポート
VoIPは主流になる
リンク

◆プローブグループ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社