お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

世界のVoIP市場

フランスの調査会社イダテ社は、世界のVoIP回線数は2005年の約2500万から2011年の2億5000万に伸びると予測している。

2006年5月3日
フランスの調査会社イダテ社の調査レポート「世界のVoIP市場」は、ビジネス向けと無線VoIPを調査し、固定通信ネットワークにおけるVoIPの発展を詳述している。

2005年、VoIPの広範な導入が進み、世界で約2500万の導入を記録した。この急速な拡大は、電話事業におけるビジネスモデルの大きな変換を推し進める。例えば、均一価格による通信料金の下落とバンドリングの普及、インターネットやコンピュータ業界からの新たな参入者の出現、既存の電話会社の基盤を揺るがす様々な事柄である。また、この変化によって、従来標準的とされていたサービスが、ソフトフォンソリューションや音声とインスタントメッセージングの統合などの様々な方向へと拡大されていくだろう。

■世界のVoIP回線数は2005年の約2500万から2011年の2億5000万に伸びると予測される
■現在、VoIP市場はアジア市場と消費者市場に占められている
■市場は様々なビジネスモデルの下で動いており、各企業の戦略的ポジショニングも比較的幅広い。既存企業による標準的なサービスと、インスタントメッセージングによって進められるサービスのバンドル化などはその例である
■ビジネス市場では、PABX(PBX)の更新時期を狙っている
■既存の電話会社のコアビジネスは脅かされている。こうしか傾向に対して、電話会社は専用のメディアボックスをベースとした一般利用者向け、さらにはビジネス市場向けの消費者向けのバンドリングサービス(ASPやオンサイトサービス)で対応しようとしている


◆調査レポート
世界のVoIP市場: 電話サービスの大革命
リンク

◆仏イダテ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社