学校法人四国大学、全教職員約380名に「LINE WORKS」を導入

ワークスモバイルジャパン株式会社 2022年06月02日 13時47分
From PR TIMES

学校運営のDX化を行うとともにペーパーレス化でSDGsの取り組みを推進



ビジネス現場のコミュニケーションツール「LINE WORKS」を提供するワークスモバイルジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:福山 耕介、以下 ワークスモバイルジャパン)は、学校法人四国大学(理事長:佐藤 一郎)が全教職員約380名に「LINE WORKS」を導入したことをお知らせいたします。
[画像: リンク ]

学校法人四国大学では、2021年度から、DX推進計画を策定するとともに、DX推進を統括する情報戦略推進本部を設置し、学内のDX化を進めています。
本計画において、グループウェア、ビジネスチャットツール、IP電話の導入を検討していたところ、グループウェアとして必要な掲示板機能、共有カレンダーやビジネスチャット、さらにはIP電話の代替としても使える通話機能など、DX推進に必要な多数の機能を有することから、「LINE WORKS」の導入を決定しました。
そのほか、BYODに不可欠な各種OSやデバイスに対応したアプリが無料で提供されている点、誰でも使いやすいUIである点、研究会などの小さな単位でグループを多数作成できるため、所属するグループ単位でのコミュニケーション活性化にも適している点が、今回の「LINE WORKS」導入の決め手となっています。
今後、学生との連絡手段としての活用や、ワークフローとの連携も見込み、DX化を推進するインターナルコミュニケーションツールとして運用を進めます。また、SDGsや、経済産業省が提唱するGX(グリーントランスフォーメーション)に関する取り組みの一環として、ペーパーレス化の推進を行う予定です。

ワークスモバイルジャパンは、組織におけるコミュニケーションや情報共有を円滑にする取り組みを進めてまいります。

「LINE WORKS」とは
チャットやスタンプはもちろん、掲示板、カレンダー、アドレス帳、アンケートなど、現場で活用できる充実したグループウェア機能を揃えたビジネスチャットです。コミュニケーションアプリ「LINE」のような使いやすさでありながら、仕事用のツールとして独自に開発、提供を行っています。PCやタブレットのほか、スマートフォンだけでもほとんどの機能が使えるため、オフィスワークだけでなく、拠点や店舗など、現場での活用が進んでいます。
富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場2018~2021年版」では、2017年度~2020年度まで4年連続で有料ビジネスチャット国内シェアNo.1を獲得しました。

■会社概要
社名 :ワークスモバイルジャパン株式会社
本社 :東京都渋谷区神宮前1-5-8 神宮前タワービルディング11F
設立 :2015年6月
代表者:代表取締役社長 福山耕介
資本金:55億2,000万円
URL :リンク

※記載の会社名、製品名は、それぞれ会社の商標または登録商標です。
※本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、予めご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]