アグレックス、ERPシステム導入時の適合性や課題検証を行うERP Biz∫・Infor CSI向け「体感型PoCサービス」に、投資対効果を数値化するシミュレーション機能を新たに追加

TISインテックグループ 2022年05月20日 18時40分
From PR TIMES

~導入効果を可視化し、リスク最小化とERP導入意思決定へ寄与~

TISインテックグループの株式会社アグレックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:畝森 達朗、以下 アグレックス)は、株式会社NTTデータ・ビズインテグラルが提供するERP「Biz∫」および、インフォアジャパン株式会社が提供するERP「Infor CloudSuite(TM) Industrial(SyteLine)(以下 Infor CSI)」の導入検討にあたって、適合性や課題を検証する「体感型PoCサービス」に、新たに投資対効果を事前に数値化するシミュレーション機能を追加したことを発表します。



「体感型PoCサービス」は、ERPの標準業務モデルをベースに、簡易プロトタイプシステムを短期間で構築することで、お客様業務とERPの適合度や課題・リスクをERP導入前に検証(PoC)するサービスです。アグレックスは、Biz∫およびInfor CSIの導入支援サービスの一つとして、「体感型PoCサービス」を提供しています。
 この度、「体感型PoCサービス」に投資対効果を数値化するシミュレーション機能を追加したことで、コストや時間、頻度、リソースの観点での具体的な導入効果の可視化が可能となりました。アグレックスが開発した「ビジネスプロセスシミュレーター」を使用し、ERPの標準業務モデルをもとに改善効果の期待値を設定することでERP導入後の投資対効果を定量的に把握することができます。
 本サービスにより、お客様のERP導入における業務適合度やギャップなどのさまざまな不安やリスクを解消し、EPR導入の意思決定を後押しします。
 アグレックスは、ERP導入を検討されているお客様向けに、「体感型PoCサービス」ならびに関連するシステムインテグレーションで、今後3年間で10社との契約を目指します。

■「体感型PoCサービス」の特長
サービスにより、ERP導入を検討されているお客様に、以下4つのメリットをご提供します。
[画像1: リンク ]


■「体感型PoCサービス」の進め方
以下6つのステップで、ERP導入における適合度・課題を整理します。
[画像2: リンク ]

※CRP:Conference Room Pilotの略。ERPを用いた会議室での模擬業務シミュレーションのことを指します。

「体感型PoCサービス」の詳細は以下URLをご参照ください。
リンク

■「ビジネスプロセスシミュレーター」によるシミュレーションイメージ
1.AsIsモデルのシミュレーションの準備と実施
 現行業務フローの各タスクに、現状把握で抽出したコスト・時間・頻度・リソースを定義し、業務量の可視化を行います。
[画像3: リンク ]


2.ToBeモデル業務のシミュレーション
 ERPの標準業務モデルをもとに新業務フローを作成します。改善効果の期待値を各タスクに設定し、業務量の可視化を行います。
[画像4: リンク ]


3.AsIsモデルとToBeモデルの比較
 AsIsモデルとToBeモデルを比較することで、投資対効果や課題の確認ができ、プロトタイピングを進めていくうえでの検証ポイントを明確にすることができます。
[画像5: リンク ]


■背景
 昨今の人材不足やシステムの老朽化、維持管理費の増加などにより、多くの企業でERP導入が進んでいる一方、「実際に業務で利用できるイメージがつかめない」「投資対効果を見極めたいが、適合度がわからない」などの理由で、導入に踏み切れないケースが多くあります。また、業務プロセスの不適合や社内の導入体制などの課題から、目的に合うような投資対効果が得られなかった事例も多く見られます。
 アグレックスは、このようなお客様のERP導入に対する不安や課題を解決するため、「体感型PoCサービス」をはじめとするERP導入支援サービスにより、本格導入の意思決定と導入効果の最大化に向けて支援します。

■Biz∫について
「Biz∫」は、NTTデータグループのNTTデータ・ビズインテグラルが提供する大企業向け国産ERPパッケージです。
 会計・販売・購買・人事などの基幹業務アプリケーションはもちろん、ワークフロー、マスタデータ管理、他システム連携、統合運用管理といった共通系ラインナップも豊富に擁し、加えて、業務モジュール別・利用ユーザー数別でのライセンス購入が可能なことから、2011年の本格展開以来、1,400社を超えるお客様に採用されています。
 近年は、アナログプロセスの効率化・自動化および、デジタルソリューションとの連携を推進することで、ERPをはじめとするバックオフィス領域のデジタル化サポートを進めています。

■Infor CloudSuite™ Industrialについて
 Infor CloudSuite Industrial(SyteLine)は、工業用製品・素材加工業界向けの要件に標準対応するグローバルなクラウドERPです。製品設計から受発注、資材在庫管理、MRP/APSを含む生産計画、個別製造/量産/プロジェクト/繰返/カンバンを含む製造・現場管理、工程実績、品質、原価管理、会計などの業界特化型機能を提供します。

■株式会社NTTデータ・ビズインテグラルからのコメント
株式会社NTTデータ・ビズインテグラル 代表取締役社長 田中 宏治 氏
 NTTデータ・ビズインテグラルは、「体感型PoCサービス」に対する新たな機能強化を心より歓迎いたします。アグレックス様は、独自の強みを活かしBiz∫における標準業務プロセスに対する費用対効果の可視化に取り組んでまいりました。この度のシミュレーション機能のリリースによって、お客様はシステム導入における不安解消や早期の効果把握に有効なサービスの提供をうけることができ、現在主流のFit to Standardでの導入をより価値あるものにできると確信しています。
 当社は、アグレックス様の強みをさらに活かせるよう、今後ともお客様のニーズに柔軟に対応できるERPを提供することで、価値あるサービスの提供に努めてまいります。

■インフォアジャパン株式会社からのコメント
インフォアジャパン株式会社
アジア太平洋地域・日本担当エグゼクティブ・バイス・プレジデント兼ジェネラルマネージャー 
Chema Aramburu(チェマ・アランブル)氏
 アグレックス様は、インフォアのエコシステム・パートナーとして初めて、Infor CloudSuite Industrial SaaSを提供いただいています。アグレックス様のSaaSへの強いコミットメントと、このソリューションがお客様に価値をもたらすことを確信いただいていることに、心より感謝申し上げます。製造業におけるSaaS型ERP導入の鍵は、品質の高い要件定義による標準的な導入と、お客様の業務やプロセスに合わせた適切な構成にあります。
 アグレックス様によるこの差別化されたサービスが、インフォアの強みである業種別ソリューションに付加されることで、導入プロジェクトが優位に進むと確信しています。


アグレックスについて(リンク
アグレックスは、BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)、SS(ソフトウェアソリューション)、SI(システムインテグレーション)を柱とする総合情報サービス企業です。1965 年の創業以来、半世紀にわたり、大量のデータを抱える企業の煩雑な業務処理を一手に引き受ける独自のアウトソーシングビジネスを中心に事業を展開し、その後システム開発・運用へとその領域を拡大してきました。アグレックスは、業務処理と IT のノウハウを総合化・融合化し、お客様に最適なソリューションを提供し続けます。

TISインテックグループについて
TISインテックグループは、国内外グループ2万人を超える社員が『ITで、社会の願い叶えよう。』を合言葉に、「金融包摂」「都市集中・地方衰退」「低・脱炭素化」「健康問題」を中心とした様々な社会課題の解決に向けてITサービスを提供しています。デジタル技術を駆使したムーバーとして新たな価値を創造し、人々の幸せと持続可能な豊かな社会の実現に貢献します。

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ Biz∫は、株式会社NTTデータ及び株式会社NTTデータ・ビズインテグラルの登録商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

◆サービスに関するお問い合わせ
株式会社アグレックス
デジタルトランスフォーメーション事業本部 ビジネスイノベーション事業部  小崎
TEL:03-5371-1504 E-mail:agwsi_info@m.agrex.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]