裸眼による3D立体視を実現したノートパソコン「ConceptD 7 SpatialLabs(TM) Edition」の法人向け取り扱いを開始

SB C&S株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:溝口 泰雄、以下「SB C&S」)は、日本エイサー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ボブ・セン、以下「日本エイサー」)が国内販売する裸眼3D立体視を実現したノートパソコン「ConceptD 7 SpatialLabs(TM) Edition」の法人市場向けた取り扱いを開始します。



[画像1: リンク ]

「Concept D 7 SpatialLabs™ Edition」は、日本エイサーとして初となる、裸眼による3D立体視を実現する没入型体験「SpatialLabs™(スぺイシャルラボ)テクノロジー」を搭載したクリエイター向けブランド「ConceptD」のノートパソコンです。
3Dコンテンツの活用は近年急速に発展しており、中でも映画・アニメーション業界、自動車などの製品デザインや教育現場では新しい3D技術の導入が進んでいます。
「ConceptD 7 SpatialLabs™ Edition」は、視点や眼球の動きを認識するアイトラッキング技術、3D立体表示を可能にするディスプレイ、3Dクリエイターの制作フローを大きく効率化させるリアルタイムレンダリング技術と2Dから3Dへ変換するAI技術を組み合わせることにより、3DメガネやVRゴーグルを使わずともノートパソコン一つで裸眼による3D体験が可能です。
SB C&Sは、「ConceptD 7 SpatialLabs™ Edition」を取り扱うことにより、デザインの現場や医療、研究、教育の現場、さらにはショールームや美術館などでの3Dコンテンツのさらなる活用を後押しします。

【製品紹介動画】
リンク
【「Acer ConceptD 7 SpatialLabs™ Edition」の詳細】
リンク
【お問い合わせ】
リンク

【デモ体験説明会】
ご購入検討中の法人さまを対象に、デモ体験説明会を実施します。
開催日:2022年4月19日(火)、2022年4月21日(木)
開催時間:1.10:00~ 2.11:00~ 3.14:00~ 4.15:00~ 5.16:00~ 各回45分
参加お申し込み:リンク

※新型コロナ感染症対策のため、各回1社 3名さままでの参加上限とさせていただきます。
※代表の方のみお申し込みください。
※参加確定された方には入館証をお送りしますので、別途詳細についてご連絡を差し上げます。

【活用事例】
神奈川歯科大学さま

[画像2: リンク ]

高解像度で見ることができる裸眼3D立体視を、ノートパソコン1台で実現できていることに驚かされました。学会や症例検討会に持ち運び、「ConceptD 7 SpatialLabs™ Edition」を使いながら意見交換を行ったり、大学の講義や実習で学生に説明を行う際、複雑な解剖学的構造や手術シミュレーション結果を3Dで見せながら学びを加速させたりすることも可能だと思っています。また、将来的には医療だけでなく、航空・宇宙・自動車工学や防災教育など、さまざまな研究・教育現場での活用も期待できると思います。


●SoftBankおよびSBの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるSBグループ株式会社の登録商標または商標です。
●その他、このお知らせに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]