ちょこっと作るのにちょうどいいサイズ 、収納に特化した『sutto(スット)四角いちょこっとフライパン』発売

~朝食作り等の少量調理にちょうどいいコンパクトサイズ~

生活関連用品の企画・開発・販売を行う株式会社ドウシシャ(大阪本社:大阪市中央区、代表取締役社長:野村 正幸、以下 ドウシシャ)は、「sutto(スット)四角いちょこっとフライパン」を、2022年3月上旬から全国の量販店やドウシシャの直販サイト「ドウシシャマルシェ」などを通じて発売をします。



[画像1: リンク ]

2021年2月上旬より発売したスマートフライパンsutto(スット)は、フライパン収納に悩んでいる方に向けて、フライパン自体を立たせることでその不満を解消した商品です。1年で累計出荷台数20万枚を超えるヒット商品となりました。

今回、よりコンパクトなサイズの要望をうけ、少量の料理に適したサイズという意味を込めて、「sutto(スット)四角いちょこっとフライパン」を開発しました。
[画像2: リンク ]


【特長】
◆スッとしまえる
形状を四角にし、側面にリブを立てることでフライパン本体が自立します。そのため、キッチンの空いたスペースやキッチンの下収納などに収納することができます。
[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]


◆取り出しやすいハンドル
収納したフライパンをいかに楽に取り出しやすくするか検証した結果、角にハンドルを設置しました。また、持ちやすさを検証した結果、男女ともに持ちやすい15cmのハンドルにしました。

◆一人前の調理に最適な四角い形状
フライパン部分は13×18cmで、一般的な玉子焼きフライパンと近いサイズとなっており、一人前の調理や少しだけ調理したいときに最適なサイズです。
また、フレンチトーストを焼くときも、食パン1枚がちょうど入るサイズとなっています。
[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]


◆専用のアルミふたつき
蒸し料理や料理の幅を広げるアルミふたがついています。ふただけで自立するので、調理中の置き場や収納時にも困りません。また、ふたの内側はふっ素コーティングをしているので、お手入れも簡単です。
[画像7: リンク ]


◆洗う時に場所をとらない
自立するので、使用したフライパンをシンクに置くときや、洗った後水切りかごに置くときに場所をとりません。
[画像8: リンク ]


◆こびりつきにくくお手入れしやすい
フライパンの内面には、ふっ素コーティングが施されているため、こびりつきにくくお手入れがしやすいです。
[画像9: リンク ]


〔商品概要〕
名称: sutto四角いちょこっとフライパン
型番: SUT1318BK
サイズ(約): 220×375×68mm
重量 (約) :540g
希望小売価格: オープンプライス
付属品: 専用アルミふた
URL: リンク
販売開始日: 2022年3月上旬


【会社概要】
商号 : 株式会社ドウシシャ
代表者: 代表取締役社長 野村 正幸
所在地: <大阪本社>〒542-8525 大阪市中央区東心斎橋1-5-5
<東京本社> 〒108-8573 東京都港区高輪2-21-46
<東京本社第1ビル> 〒140-0011 東京都品川区東大井1-8-10
設立 : 1977年1月
資本金: 49億93百万円
URL : リンク

【本製品に関するお客様からのお問い合わせ先】
株式会社ドウシシャ お客様相談室
Tel:0120-104-481

※プレスリリース記載の情報は、発売日現在の情報です。
※内容は予告なしに変更されることがございますので、予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]