各国の起業家が賞金総額60万ドルをかけて、LEAP2022「ロケットフューエル・スタートアップ・ピッチ・コンペティション」に挑戦

サウジアラビア通信情報技術省 2022年01月14日 19時47分
From PR TIMES

・サウジアラビアで開催される世界最大のテクノロジーイベント「LEAP2022」の一環として、世界中の起業家による事業イノベーションやアイデアを募集
・審査員には英BBC「ドラゴンズ・デン」出演者の実業家、元サッカー選手の投資家などが登場



 サウジアラビア通信情報技術省(Saudi Arabia's Ministry of Communications and Information Technology)は、2022年2月1日~3日にサウジアラビア・リヤド市で開催される世界最大のテクノロジーイベント「LEAP」の一環として、最もエキサイティングでインパクトのある新規事業を発掘することを目的に「ロケットフューエル・スタートアップ・ピッチ・コンペティション」を開催します。

 世界中から集まった「ロケットフューエル・スタートアップ・ピッチ・コンペティション」エントリーから選ばれる90件は、LEAPイベント上において事業アイデアのライブ発表の場を獲得(2月1日~2日)、また選考を勝ち抜いた起業家は国内外の投資家パネルに自己の事業内容をわずか5分間で売り込み、グランドファイナル(3日)に進出する上位10人への選出、そして総額60万米ドルの賞金獲得に挑戦します。ファイナリスト10人の起業家は、創造性、イノベーション、将来性、機能性、人や社会への影響の観点から採点され、最終選考を勝ち抜いた最も優れたスタートアップ事業にはLEAP賞と賞金20万米ドルが授与されます。

 また最終選考まで勝ち抜いたファイナリストからは、最も有望なスタートアップ初期事業に対し「ザ・シューティングスター・アワード」(賞金10万ドル)、最も女性の社会進出を推進する女性主導型スタートアップ事業には「アビアトリックス・アワード」(賞金15万ドル)、LEAPの精神である「人類のためのテクノロジー」を最もよく体現した事業には「テクノロジー・フォー・ヒューマニティ・アワード」(賞金15万ドル)の3つの賞の獲得者が選ばれます。

 LEAPは、「ロケットフューエル・スタートアップ・ピッチ・コンペティション」参加事業の評価選考にあたり、著名な投資家やビジネスリーダーからなる世界最高峰の審査委員会を結成しました。審査員のメンバーは、スティーブン・バートレット氏(英BBCのビジネスコンテスト番組「ドラゴンズ・デン」で有名な実業家、講演者、投資家、コンテンツ制作者)、カレン・ブレイディ男爵夫人(経営者、テレビパーソナリティ)、ジェームズ・カーン氏(起業家、テレビパーソナリティ)、ケリー・ホッペン氏(インテリアデザイナー、作家、起業家)、ミチェル・サルガド氏(レアル・マドリードの元サッカー選手、著名な投資家)、ナビール・コサック博士(サウジ・ベンチャーキャピタル社のCEO兼役員、サウジアラビアの著名な学者、起業家、エンジェル投資家)、ハッタン・アーメド氏(キング・アブドラ科学技術大学の起業家ディレクター)の7名です。

 自身エンジニアであり、サウジアラビア通信情報技術省副大臣であるハイサム・アロハリ閣下は、「イノベーションと起業家精神はテクノロジー分野の中核をなすものです。世界各国の優れたスタートアップ企業を表彰するうえで、LEAPの一環である今回のピッチコンペティションほど最適な場はありません。サウジアラビアは、政府や民間投資家の支援を受けながら独自のスタートアップエコシステムを構築しています。」と、また、ソーシャル・チェーン社の創業者であり、英BBCの「ドラゴンズ・デン」に出演しているスティーブン・バートレット氏は、「テクノロジー、起業家精神、イノベーションが一堂に会するLEAPで講演できることを光栄に思い、とても楽しみしています」と述べています。

 LEAPは、世界最大のテクノロジーイベントとして、パイオニアやディスラプターをビジネスや政府のリーダー、起業家、投資家などとつなぐとともに、未来のテクノロジーを体験し、学ぶことで、イノベーションエコシステム全体を対象とした真のグローバルプラットフォームとなることを目指しています。LEAP開催中のマッチメイキング、ネットワーキング、投資イベントなど本プログラムならではのラインナップを通じて、国内外のベンチャーキャピタル投資家との交流の場や出資獲得の機会を提供します。またインベスタープログラムでは、ワークショップ、1on1ミーティング、アフターアワーの催しなどが行われ、中東地域のベンチャーキャピタルや事業投資家を、技術に特化した新しい投資機会と結びつけるとともに、地域のスタートアップ事業が地域外からの新しい資金調達の可能性を支援するものです。

 LEAPの共同主催者であるインフォーマ マーケッツ社、中東アフリカ地域担当エグゼクティブ・バイス・プレジデントのマイケル・チャンピオン氏は、「LEAPは、サウジアラビア独自の起業家エコシステムとテクノロジー産業の発展に向けた取り組みに合わせて、投資家向けの豊富なプログラムを用意しています。弊社は、インベスタープログラムを設け、その一環として今回のピッチコンテストを開催できることを光栄に思います。国内外のスタートアップ企業の創造性溢れるアイデアとビジネスの将来性を紹介することで、世界中の投資家と繋がることができると確信しています」と述べています。

 LEAP22「ロケットフューエル・スタートアップ・ピッチ・コンペティション」へのエントリー受付の締め切りは、2022年1月18日(火)です。
エントリーご希望の方は、以下よりお申込みください。
リンク

LEAPの詳細については、以下をご覧ください。
リンク

LEAPからの最新のお知らせは、以下ソーシャルメディアでご覧いただけます。
Instagram:リンク
Twitter:リンク
Facebook:リンク
YouTube:リンク
LinkedIn:リンク
Snapchat:リンク

LEAPについて
LEAPは、サウジアラビア通信情報技術省(Saudi Arabia's Ministry of Communications and Information Technology)およびインフォーマ マーケッツ社が共同でイベントを企画し、6カ国から50名以上が参加しコアチームを編成しています。初開催にてすでに史上最大のテクノロジーイベントであり、数あるテクノロジー展示会の中でも最も影響力があるスピーカーが登場します。世界最大の展示会会社であるインフォーマ マーケッツ社は、Black HatやArab Healthなど、有名なブランドのイベント運営を行っています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]