高校初のプロジェクト 茨城県立水戸商業高校×GoGo World 10/19(火)オンライン交流会を開催予定(運営:ライセンスアカデミー)

株式会社ライセンスアカデミー 2021年10月14日 17時47分
From PR TIMES

外国人材との交流で実践的な英語力向上を目指す

全国の高等学校で進路行事を企画・運営し、高校生の進学・就職を支援する株式会社ライセンスアカデミー(本社:東京都新宿区、代表取締役:白田 康則)は2021年10月19日(火)、茨城県立水戸商業高校の国際ビジネス科で、日本で学ぶ外国人留学生や日本で働く外国人材を講師に迎え、オンライン交流会を開催する。



茨城県立水戸商業高校の国際ビジネス科は、1年次を対象に外国人と交流する機会を切れ目なく創出する新たなプロジェクトを進行中。今回はその第二弾として、10月19日(火)にビデオ会議システム・Zoomを利用して、日本で学ぶ外国人材を講師に迎え、「Youは何しに日本へ?」をテーマにインタビュー形式のオンライン交流会を実施する。

当日生徒は4~5名のグループを作り、外国人講師に対して英語でのインタビューに挑戦する。「日本の好きな文化」や「いつ日本に来たのか」、「日本語を学ぶ上で難しかったこと」などの事前に準備した質問を外国人講師に投げかけながら交流をはかる。

本プロジェクトの運営を担当するのは、高校生の進学・就職を支援する株式会社ライセンスアカデミー。国際ビジネス科としての特色を打ち出す上で外国人材との交流を目指していた高校と、同社のグループ会社で欧米人の日本留学サポート事業を展開する株式会社GoGo Worldをつなぐことで実現した。

【オンライン交流会概要】
開催日時:2021年10月19日(火)13:25~
主催:茨城県立水戸商業高等学校
運営:株式会社ライセンスアカデミー
協力:株式会社GoGo World

第1弾の取り組みが開催されたのは7月13日。当日は、外国人1人に対して生徒は4人1組でグループを構成。あらかじめ示された「茨城県の魅力を紹介」というテーマにおいて英語で発表を行った。参加した生徒は、地元の魅力を事前にパワーポイントにまとめてプレゼンテーション資料を作成。荒削りながら、いずれも個性と独創性を感じさせる内容で外国人講師に対して堂々と発表した。プレゼンテーション終了後に行われた質疑応答でも、自分の中の英語力を“総動員”して、一生懸命に回答しようとする様子が見て取れた。
[画像1: リンク ]


今回の第2弾以降は、ハワイの現地高校生との交流やSDGsに関する意見交換なども計画している。外国人材と実際に交流することで、英語力の向上だけではなく、多様な価値観の醸成が期待される。


[画像2: リンク ]


株式会社ライセンスアカデミーは、高校生と企業をつなぐ「高企連携」を掲げ、キャリア教育の視点で高校生の進路選択を支援している。同社内にあるキャリ教育支援協議会が中心となって、高校生と社会との接点を創出することで、高校生の職業観の醸成に取り組んでいる。
[画像3: リンク ]


【キャリア教育支援協議会について】
高校生が能動的に学ぶ機会を創出するための橋渡し役として、高校内にとどまることのない学習環境を実現して「高企連携」を推進。将来の進路選択に意欲的に取り組む生徒を増やすため、高校生と企業人との関わり合いの創出に取り組む。また、高校生と企業を引き合わせ、ミスマッチを出さない採用実現のために企業を支援している。年間6,000回、延べ115万人の高校生との出会いの場を提供(年会費1万円)。

<会員特典>

高等学校における「キャリア教育行事」のご案内
ž会員企業向け勉強会・セミナーの定期開催
žインターンシップを希望する高校を仲介
ž高校×企業 コラボ企画のご紹介


<ホームページ>
リンク

【会社概要】
株式会社ライセンスアカデミー(リンク
本社所在地:東京都新宿区百人町2-17-24
代表取締役:白田康則

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]