Digi-Key Electronics、Digi-Keyマーケットプレイスを通じたQuickLogic Corporationとのグローバルなパートナーシップを発表

Digi-Key Electronics 2021年10月11日 16時17分
From PR TIMES

即時出荷が可能な世界最多の電子部品在庫を有しているDigi-Key Electronics(リンク)は、QuickLogic(R) Corporation(リンク)とのグローバルなパートナーシップを締結し、Digi-Keyマーケットプレイスを通じてQuickLogicの広範な低消費電力マルチコアMCU、FPGA、エンベデッドFPGA、音声/センサ処理ソリューションを提供すると発表しました。



[画像: リンク ]

QuickLogicはQuickLogic Open Reconfigurable Computing(QORC)イニシアチブでオープンソースFPGAツールを活用するファブレス半導体企業です。

Digi-Keyマーケットプレイス(リンク)でのQuickLogic製品の提供により、お客様は包括的なソフトウェア/ハードウェア超低消費電力ソリューションを活用し、数日以内でコンセプト立案から設計までを実現できるようになります。QuickLogic製品はZephyr、FreeRTOS、SymbiFlow、Renodeなど、普及している多数のオープンソースソフトウェアツールにより、サポートされています。

お客様が常時オンのウェイクワード検出機能を追加する際や、エッジ/エンドポイントにAI推論モデルを展開する際、あるいは完全なオープンソースソフトウェアをベースとした低消費電力Arm(R) Cortex(R)-M4F MCUが必要な際のいずれでも、QuickLogic EOS™ S3 SoCファミリはソリューションを提供します。この製品ポートフォリオには以下が含まれています。

EOS S3 MCUセンサ処理プラットフォーム:統合Arm Cortex-M4F MCUとエンベデッドFPGA(eFPGA)コアにより、お客様はコンセプト立案からプロトタイプ製作、量産までを迅速に実現できます。使いやすく低コストの開発キット、オープンソースソフトウェアツールチェーン(Zephyr、FreeRTOS)と、QuickLogicのFPGAユーザーツールによりサポートされています。
EOS S3音声認識 + センサハブ:音声認識に同期したセンサ処理をサポートします。この超低消費電力ソリューションにより、ユーザーエクスペリエンスを犠牲にせずに長時間のバッテリ駆動を実現します。
EOS S3-AI:エンドポイントアプリケーションでAIの利点を低コストで活用するための包括的な低消費電力ソリューション/開発環境です。
QuickFeather開発キット:QuickFeatherは小型、Feather互換、低コストで、オープンソースツールによりフルサポートされています。オンボードEOS S3はCortex(R)-M4F MCUとeFPGAを統合しており、完全なオープンソースハードウェア/ソフトウェアによるイノベーションを可能にします。
Qomu開発キット:超低消費電力エンベデッドプロセッサと低消費電力FPGA技術を採用しており、特にエッジIoTアプリケーションや人工知能(AI)/機械学習(ML)機能に最適な開発プラットフォームです。小型ボードであり、USB Type-Aポートに直接接続でき、場所を問わず設計を可能にします。

Digi-Keyのマーケットプレイス担当シニア製品マネージャのAnissa Lauerは「QuickLogic製品は超低消費電力向けに最適化されており、IoTやコンシューマモバイルアプリケーションに理想的です」と述べ、さらに「QuickLogicの子会社SensiML(R)によるAnalytics ToolkitのBasic Editionも、すでにDigi-Keyで提供を開始しています。これにより、私たちのお客様はコンセプト立案/設計プロセスをさらに迅速化できる包括的なソフトウェア/ハードウェアソリューションを利用できるようになりました」と語りました。

SensiMLのAnalytics Toolkit(リンク)はエンベデッドAIのデータ収集、ラベリング、モデル生成、試験/検証向けの包括的なAI開発ワークフローをお客様に提供します。

QuickLogicの最高経営責任者(CEO)のBrian Faith氏は「Digi-Keyは世界最大の電子部品の製品ポートフォリオを提供しています」と述べ、さらに「Digi-Key Electronicsを通じた販売により、エンジニアにとってデバイス、キット、ソフトウェアツールが簡単に注文できるようになり、私たちの製品がお求めやすくなります。Digi-Keyと協力し、私たちのビジネスを拡大していくことを楽しみにしています」と語りました。

QuickLogicの詳細(リンク)と製品ラインナップについては、Digi-Keyウェブサイト(リンク)をご覧ください。

QuickLogic Corporationについて
QuickLogic Corporationはファブレス半導体企業であり、人工知能(AI)、音声、およびセンサー処理向けに低電力マルチコア半導体プラットフォームおよびIP(知的財産)を開発しています。主なソリューションには、ハードウェアアクセラレーションやプリプロセッシング用のエンベデッドFPGA IP(eFPGA)や、eFPGAをその他のプロセッサやペリフェラルと統合したヘテロジニアスマルチコアSoCなどがあります。私たちが最近全株を取得して子会社にしたSensiML社のAnalytics Toolkitを使用することで、AI技術を使用する正確なセンサーアルゴリズムを実装したエンドツーエンドソリューションが実現します。フルレンジのプラットフォーム、ソフトウェアツール、eFPGA IPにより、モバイル、ウェアラブル、ヒアラブル、民生機器、産業機器、エッジ、およびエンドポイントのIoTにおいて、AI機能、音声処理、およびセンサー処理の実用的かつ効率的な活用が可能になります。詳細は、リンクおよびリンクをご覧ください。

Digi-Key Electronicsについて
米国ミネソタ州シーフリバーフォールズに本社を置くDigi-Key Electronicsは、電子部品と自動化製品の世界的なハイサービスディストリビューションのリーダーおよび常時進化するイノベーターとして高い評価を受けています。この分野を開拓した真のパイオニアとして、Digi-Keyは即時出荷可能な在庫製品の幅と深さで業界をリードし、2,000社強のクオリティブランドメーカーの1010万点を超える部品を提供しています。技術革新をけん引する製品のほか、幅広いデジタルソリューションとツールを提供し、設計エンジニアと購買担当者の業務効率化をサポートしています。詳細については、以下のリンクをご覧ください。

Digi-Keyウェブサイト
米国本社: リンク
日本: リンク

Digi-Key SNS
Facebook: リンク
Twitter: リンク
YouTube(米国本社): リンク
YouTube(日本公式チャンネル): リンク
Instagram: リンク
LinkedIn: リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]