JR東日本 東京感動線が「地方と共にある暮らしのミライ」を提案します!~「Slow Neighborhood」(スローネイバーフッド)プロジェクトが始動~



[表1: リンク ]


[画像1: リンク ]

 コロナ禍により、直接会って交流することが難しくなる一方、コミュニケーションのリモート化が進み、物理的距離を超えて、様々な人と交流することができるようになりました。だからこそ、モノを交換したり、想いを伝えたり、一緒に楽しむというコトが大切になります。
 東京感動線は、今こそが、地方と都市のウェルビーイングなライフスタイルが生まれるキッカケの時なのではという想いから、 誰もが地方や都心を身近に感じてもらえるように、「Slow Neighborhood」と題した様々な取り組みを始めてまいります。

「東京感動線/TOKYO MOVING ROUND」とは
[画像2: リンク ]

 JR東日本では、グループ経営ビジョン「変革2027」 に掲げる「都市を快適に」「地方を豊かに」「世界を舞台に」の実現に向けて、山手線を起点に、まちの個性を引き出し、まちや人が有機的につながる心豊かな都市生活空間 「東京感動線」を創り上げていく取り組みを推進しています。
 西日暮里駅における学びの交流拠点「エキラボniri/西日暮里スクランブル」や、新大久保駅における食の交流拠点「K,D,C,,,」など、フラッグシップとなる場の提供のほか、「東京感動線magazine」発刊など様々な取り組みを行っています。
公式ウェブサイト リンク

■新たな「関係性」と出会う・つながる対話の場 「Slow Neighborhood SALON」
 自分がふと思い出す人、想いを馳せる人がいて、私たちはそういう「関係性」の中に生きています。コロナ禍で人と直接会うのが簡単ではなくなり、サードプレイスやセカンドプレイス(職場)、あるいは「ホーム」のあり方が変わってきているときに、拠り所になっているこの「関係性」。このサロンでは、実際に都市や地方で豊かな地域をつくっている方々の話を伺いながら、「Slow Neighborhood」という考え方を育てる場として、オンラインで佐渡と新大久保とをつなぎ、新たに生まれつつある「関係性」について考えたいと思います。

[表2: リンク ]


※本イベントはPeatixでの事前申込制です。
 各回の詳細が決まり次第、東京感動線SNS(Twitter、Facebook)にてお知らせしてまいります。
  東京感動線Twitter  (@tokyo_moving_o)
  東京感動線Facebook (@tokyo.moving.round.jp)

▼スピーカー・ゲスト
[画像3: リンク ]


■9・10月の2カ月限定!新大久保フードラボ「K,D,C,,,」で地方の食を「食べる」「楽しむ」
開催期間:2021年9月11日(土)~10月31日(日)※定休日:月・火
開催時間:11:00~20:00 ※今後の状況により変更の可能性があります。
開催会場:「K,D,C,,,」 新大久保駅駅ビル3F(リンク
主  催:一般社団法人佐渡観光交流機構、合同会社MENDI
※期間によって出店内容が変わります。
最新の情報は「K,D,C,,,」公式インスタグラム(@kdc_shinokubo)をご確認ください。

1.生産者の想いを味わう「Slow Neighborhood DINING」
 地域には「とても美味しいけれど収穫量が確保できない」などの理由から、全国的な流通はされず、その地域だけで消費される知られざる食材や調理方法など、地域に暮らす人でなければわからない独自の食文化が存在します。
 そんな独自の食文化を通して、地域の生産者や生活者の想いを味わい、東京の暮らしと地域がつながる「Slow Neighborhood DINING」。会場内では週ごとにテーマを設定し、新潟県佐渡地域や福島県会津地域の映像が放映され、地域の暮らしを感じながら、料理を味わうことができます。その日に採れた地域食材を新幹線にて輸送し、新鮮なままの状態で調理した料理を提供する日も!是非お越しください。
[画像4: リンク ]


シイナケンジ
「素材を尊敬し、生産者を敬う。そう思える食材を探し、見合った調理をすること。」を信条にしてフランス料理を作っています。本期間通して出店する中で、ゲストとコラボし、食を通して地域、環境、社会との新しい関係・付き合いを表現していきます。
[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]


<プロフィール>
1971年東京生まれ。東京都立日比谷高校卒業後、フランス料理に興味を持ち、大阪あべの辻調グループ に進学、フランス校卒業後、母校に5年間勤務。自身の店舗のほか、数店舗の立ち上げやメニュー開発などを行う。その中で会津の豊かな食材に魅了され現在に至る。


2.オシャレに気軽に楽しむ 「Slow Neighborhood CAFÉ&BAR」
 東京の魅力の1つは、様々な情報やクリエイティブが集積し、相互に刺激をしあって新たなモノ・コトが次々と創られていくことにあります。「Slow Neighborhood CAFÉ&BAR」では、佐渡地域や会津地域の素材をもとに、新大久保駅をご利用のお客さまや東京に住む・働く若年層にカスタマイズして、その魅力が届くような機会を提供します。

旅する喫茶
[画像7: リンク ]

東京・高円寺を拠点に全国を旅しながらカレーとクリームソーダをつくっている、SNSでも話題の「旅する喫茶」。
8月には新潟県佐渡のリノベーションホステルに期間限定で出店し、話題となりました。
今回は新大久保「K,D,C,,,」にて、地域の食材を使ったカレーとクリームソーダを提供します。
※9月11日(土)、12日(日)の2日間限定出店



[画像8: リンク ]

SUNDAY with Slow Neighborhood
クリエイティブブティック「known unknown」の手がける、アイスクリームサンデーをテーマに様々なカフェとコラボレーションするコラボ型カフェ企画「SUNDAY」。
※9月15日(水)~10月31日(日) 定休日:月・火

[画像9: リンク ]

Toki
地域ならではの物語”ひと・もの・こと”と出会えるカフェ&バー。
地域のつながりから生まれるスイーツやドリンクを味わっていただきながら週替わりの様々なテーマのもと、地域の生産者などこだわりを大切にしている方々が登場します。

■「東京感動線/TOKYO MOVING ROUND」 リンク先
公式ウェブサイト リンク
Twitter      リンク
Instagram    リンク
Facebook     リンク
[画像10: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]