中国、浙江省寧波市に工作機械のテクノロジーセンターが完成

江蘇省無錫市には営業拠点を新設

8月20日、中華人民共和国の浙江省寧波市に工作機械のショールームを備えた「ブラザーテクノロジーセンター 寧波(英文表記:Brother Technology Center Ningbo)」が完成しました。同センターは、延べ床面積は約410平方メートル で、工作機械の展示、お客様への各種ソリューション提案のほか、セミナーの開催などに活用していきます。



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]


浙江省寧波市では、自動車関連向けを中心とした工作機械需要が急速に高まっており、その需要に対応するために、このたび従来の営業拠点を機能強化し、ショールームを備えたテクノロジーセンターを新設することとなりました。中国におけるテクノロジーセンターは、上海市、東莞市、重慶市に続く4か所目となります。

9月から運用を開始する同センターのショールームエリアは約181平方メートル で、5台の工作機械のほか、周辺機器やファクトリーオートメーションに関する展示も可能となっています。ショールームの横には、約40人の収容が可能なセミナールームがあり、プライベートショーをはじめとしたイベントなどを開催できます。

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]


また、多くの日系企業が事業展開し、工作機械需要が大きい江蘇省無錫市には営業拠点を新設し、8月16日から稼働を開始しております。今後もより多くのお客様にブラザーの工作機械を知ってもらうと同時に、購入後も安心して使用していただける体制づくりを強化してまいります。

[画像5: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]