NEC、枚方市に設置したスマート街路灯を活用しフードロス削減に向けた実証実験を実施



NECは、ニッペパーク岡東中央(大阪府枚方市岡東町6-5)に設置したスマート街路灯(注1)に搭載されたネットワークカメラから得られる人流データを活用し、近隣にある小売り店舗の来客数、販売数の予測に基づいたフードロス削減施策実現に向けた実証実験を行いました。本取り組みは2021年3月に枚方市と締結した「スマート街路灯の実証実験に関する協定」に基づき行われたものです。

実証実験は、ニッペパーク岡東中央の近くでパンの製造・販売を行う九十九堂本舗(大阪府枚方市大垣内町)にて実施しました。店舗では製造責任者がこれまでの傾向や在庫数、天気に基づいてパンの製造数を決定していましたが、今回は、スマート街路灯のカメラから取得した人流データおよび、過去の客数・販売数、天気情報、カレンダー情報を基に、NECがAIを活用して需要予測を行いました。スマート街路灯には、LED照明・無線機・スピーカー・ネットワークカメラ・LCDサイネージが装備されており、カメラで撮影した映像をNECソリューションイノベータの画像による人物像分析システム「FieldAnalyst」(注2)で解析し、日常の通行者の人数・属性(性別・年代)分析を行っています。

本実証では2021年3月18日から5月10日までの各種データをAIで学習・分析し、そのデータに基づき5月11日から20日までのお客様の数と販売数を予測しました。結果、今回実証を行った過去データに対するシミュレーション(予測結果をもとにパンの納品数を調整すると仮定)結果であるものの、この期間では売れ残りによる廃棄数を従来実績から最大9割程度削減できるケースがあることを確認できました。
[画像: リンク ]

今後も、人流データの活用について仮説検証しながら具体的なサービスの実現を目指します。また、街のリアルデータを公共、産業分野に活用していく取組みを広げていくことで、安全・安心で持続的な街づくりに貢献していきます。

なお、本取り組みでは、カメラで撮影した映像から通行人の移動方向、属性及び人数の推定データを映像解析により取得しています。取得する映像データは、リアルタイムで自動解析後、即時に削除されるため、個人を特定するデータは一切保存されません。

(注1) スマート街路灯
リンク

(注2) 画像による人物像分析システム「FieldAnalyst」
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]