リクシスと東京海上日動ベターライフサービスの業務提携について

株式会社リクシス 2021年08月02日 18時47分
From PR TIMES

株式会社リクシス(本社:東京都港区、代表取締役社長:佐々木裕子、以下リクシス)と東京海上日動ベターライフサービス株式会社(代表取締役社長 中村一彦、以下BLS)は、企業の「従業員の仕事と介護の両立支援」をトータルにサポートするために、この度、業務提携いたしましたので、お知らせいたします。



[画像: リンク ]



1.背景と目的

わが国において、高齢化はますます進んでおり、介護保険制度上の要支援・要介護認定者数も増加の一途をたどっています。人口のボリュームゾーンである団塊世代が後期高齢者に突入する「2025年問題」も目前に迫り、コロナによる長期間の外出自粛による「コロナフレイル人口」の増加もあり、介護に関する課題は今後も大きくなっていきます。

同時に、今や共働き世帯は就労世帯の2/3を占める1500万世帯(専業主婦世帯500万)となり、昨今のヤングケアラー問題に象徴されるように介護する側の若年化も進んでいます。「仕事と介護の両立支援」を必要とする就労者への支援は、年代・性別にかかわらずますます必要となっています。

高齢者家族の介護に直面する就労者(=ワーキングケアラー)は、企業・団体において中核的な人材として活躍している場合も多く、そういった人材の離職防止はもちろんのこと、心身ともに持続可能な形で、これまで通りに仕事を続けられるような両立支援を行うことは、企業・団体の持続的な成長にとっても非常に重要です。

こうした社会課題の解決に向けて、このたび、リクシスとBLSは、各社の強みを活かして、企業の「仕事と介護の両立支援」をトータルにサポートすることを目的に、業務提携を行いました。

2.取組み概要

リクシスの仕事と介護の両立支援クラウド「LCAT」と、BLSが提供する両立支援セミナー各種や専門家による相談サービスなどを組み合わせ、企業の「仕事と介護の両立支援」へのトータルなサポートを実施します。本取り組みを通して、企業が取組むべき全体像を示しながら、各企業における取組みの優先順位を踏まえた各種ソリューションの提案、支援を行っていきます。

【リクシスのソリューション】
・仕事と介護の両立支援クラウド「LCAT」:両立準備実態把握による組織介護リスクの見える化、両立準備診断、診断結果に応じたオンラインラーニングの提供

【BLSのソリューション】
・仕事と介護の両立セミナー各種(基礎知識編、離れて暮らす親の介護編、認知症介護編、介護実践編、管理職編)
・仕事と介護の両立ハンドブック作成
・WEB介護相談サービス
・産業ケアマネジャーによる個別介護相談サービス

以上

【東京海上日動ベターライフサービス株式会社について】
リンク


[表1: リンク ]



【株式会社リクシスについて】
リンク


[表2: リンク ]



【リクシスウェブメディアおよびFacebookページのご紹介】
弊社では下記Facebookページやウェブメディアで、「エイジングリテラシー」を中心に積極的に情報配信を行っております。

・超高齢社会を生き抜くウェブメディア「エイジングリテラシー」
リンク

・株式会社リクシス公式Facebookページ
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]