神戸市の熱中症予防サイトにSCORERの技術が採用されました

フューチャースタンダード 2021年08月02日 16時17分
From PR TIMES

~ニアリアルタイムでのサーマルカメラ画像データを配信~

映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」を運営するフューチャースタンダード(本社:東京都文京区、代表取締役:鳥海哲史 以下、フューチャースタンダード)は、神戸市および神戸市立工業高等専門学校に対し温度可視化システムの技術提供を行いました。このシステムは2021年8月3日より、Webサイトにて公開されます。



[画像1: リンク ]


■ 概要
 神戸市および神戸市立工業高等専門学校は、まちなかの暑さ環境や道路散水による冷却効果を可視化するため、赤外線カメラとエッジ端末、クラウドサービスを活用した温度可視化システムを2021年8月3日より公開されます。
 三宮・旧居留地での道路散水の実施にあわせ、Webサイト「屋外公共空間での異常高温対策」にてサーマルカメラ画像による熱分布状況が公開されます。本サイトには、環境省が配信する暑さ指数(WBGT)も同時に表示され、外出時の熱中症予防に効果が期待されています。

■ フューチャースタンダードから提供した技術
 映像解析AIプラットフォーム「SCORER」を活用し、サーマルカメラの映像をニアリアルタイムで配信しています。
 独自のVPN技術により、現地に設置した小型PCの映像をセキュアな形で直接Webサイトに掲載することで、低コストでのサイト構築を支援しています。

■ 公開Webサイト
 神戸高専/神戸市 屋外公共空間での異常高温対策
 リンク

 <サイトイメージ>
[画像2: リンク ]


■ 公開期間
 2021年8月3日(火)~9月上旬(予定)

■ カメラ撮影場所
 三宮プラッツから京町筋交差点を撮影(神戸市中央区三宮町1丁目1-3)
[画像3: リンク ]


■ 参考サイト
 ○神戸市熱中症予防サイト
  リンク
 ○環境省熱中症予防情報サイト:神戸観測点
  リンク
 ○屋外公共空間の異常高温対策
  リンク

■ 株式会社フューチャースタンダードについて
 URL:リンク
 株式会社フューチャースタンダードは「世界中の技術を世界中の人々が使えるようにする」というビジョンのもと、映像解析AI分野に特化したプラットフォームである「SCORER(スコアラー)」を開発・運営している会社です。
 「SCORER」は、カメラや映像に関する最新技術をブロックのように組み合わせることで、映像解析AIを活用したシステム開発を「安く・早く・簡単に」します。

 代表取締役社長:鳥海 哲史
 所在地:〒113-0033 東京都文京区本郷3-15-2 本郷二村ビル5階
 設立:2014年3月
 事業内容:映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」の開発と運営
      SCORERを利用したシステム開発

 【本プレスリリースに関するお問い合わせ】
 pr@futurestandard.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]