ぴあフィルムフェスティバルほか、4つの映画祭との連携が決定。U-NEXTが、映画祭と映画ファンをつなぐ橋渡しに

USEN-NEXT GROUPの株式会社 U-NEXT(本社:東京都品川区、代表取締役社長:堤 天心)が運営する動画配信サービス「U-NEXT」は、ぴあフィルムフェスティバル、おおぶ映画祭、ながおか映画祭、バウムちゃんねる映画祭、の4つの映画祭と連携し、8月2日以降、各映画祭での上映作品を配信いたします。中でも、若手映画監督の登竜門として知られ、数々の才能を発掘してきた「ぴあフィルムフェスティバル」からは、過去に上映された作品に加え、2021年上映作品の配信も決定いたしました。



[画像1: リンク ]


映画祭との連携は計18に。映画祭を全国の映画ファンにお届け
U-NEXTは2020年より映画祭との連携を始め、これまで、東京国際映画祭、下北沢映画祭、東京学生映画祭、未体験ゾーンの映画たち、TOKYO青春映画祭などの14の映画祭と連携映画文化を支える取り組みとして、日本各地の映画祭を全国にお届けしてきました。
今回新たに、18つの映画祭との連携が決定。ぴあフィルムフェスティバルをはじめ各映画祭から、U-NEXTでの配信に向けて期待のコメントをいただきました。


[画像2: リンク ]

第43回ぴあフィルムフェスティバル(リンク

【開催期間】2021年9月11日(土)~9月25日(土)※オンライン配信は10月31日(日)まで

「新しい才能の発見と育成」「映画の新しい環境づくり」をテーマに、1977年から続いている映画祭。映画監督の登竜門として知られ、メインプログラムである“自主映画”のコンペティション「PFF アワード」からは黒沢清、園子温、橋口亮輔、矢口史靖、熊切和嘉、李相日、荻上直子、内田けんじ、石井裕也など、160名を超えるプロの映画監督を輩出し、日本の映画文化を底支えしている。9月11日開幕の「第43回ぴあフィルムフェスティバル」で上映される最新の「PFFアワート゛2021」も配信決定。また、過去のPFFアワード入選作品の中から約140作品を見放題で配信(追加配信も予定)。

一般社団法人PFF 事務局長 石川毅氏コメント
「PFFアワード2021」には、コロナ禍にもかかわらず前年を上回る489本の映画が全国から応募されてきました。その中から選ばれた入選作品18本を、9月11日からの映画祭で上映します。私たちには自主映画を大きなスクリーンで上映したいという思いと同時に、出来るだけたくさんの観客に、この新鮮で自由でオリジナルな映画の面白さを知って欲しいという願いがあります。U-NEXT様に集う多くの会員の皆さまに、新しい才能をご紹介できることを大変嬉しく思います。

【配信期間】2021年8月2日(月)12:00 ~2022年7月31日(日)23:59(予定)
【配信形態】見放題
【作品一覧ページ】リンク


[画像3: リンク ]

おおぶ映画祭(リンク

【開催期間】2021年3月20日(土)~3月21日(日)

愛知県大府市の愛三文化会館で開催されている、2018年にスタートした映画祭。2021年は「映画の可能性は、あなたの可能性」をテーマに、全国から応募のあった自主映画69点から、生きる喜びや今伝えるべきメッセージが詰まった10作品を厳選して上映。今回は、2020年、2021年に上映された作品の中から7作品を見放題で配信する。

おおぶ映画祭運営チームコメント
おおぶ映画祭は、ローカル映画祭としてのあり方を模索し続けてきました。そして、「映画との出会い」が人生をさらに彩ったり、「明日、もうちょっとがんばってみよう」という気持ちを後押ししたり、少しでも人々の心を動かす大きな力になるのではないかと考え、「映画の可能性」をキーワードに、時世を映したテーマを提案、作品を募集してきました。その結果、多くの作品が映画祭のメッセージとリンクし、映画祭と作り手が一体となって来場者に様々な価値観、気づきの場を提供し続けてきました。
また、映画を通じた作り手、観客、映画祭が出会う場としても意識した映画祭づくりを進め、一メディアとしての作品発表の場として、映画への興味喚起も使命として活動してきています。
作品の放映を通じて、作り手とともにチャレンジし続けるおおぶ映画祭を、より多くの人に認知していただけるのであれば幸いです。

【配信期間】2021年8月3日(火)12:00 ~2022年8月2日(火)23:59(予定)
【配信形態】見放題
【作品一覧ページ】リンク(配信開始以降アクセス可能)


[画像4: リンク ]

ながおか映画祭(リンク

【開催期間】2021年9月18日(土)~9月20日(月・祝)

新潟県長岡市で開催される市民による市民のための映画祭「ながおか映画祭」。1996年に誕生したこの映画祭において、2021年に23回目を迎える人気企画が「長岡インディーズムービーコンペティション」。U-NEXTでは2021年の開催に先立ち、2020年に上映された作品の中から7作品を配信予定。

コミュニティシネマ長岡 会長 関矢茂信氏コメント
インディーズムービーはプロ、アマの垣根を超えた商業映画となったのではないかと観ていて思います。シネコンやミニシアターのラインナップではピンと来ない映画ファンの皆様でも探していた作品にめぐり合える可能性がインディーズムービーにはあるのだと思います。ご自分の価値観にあった映画が見つかります様に!

【配信期間】2021年8月10日(火)12:00 ~2022年8月9日(火)23:59(予定)
【配信形態】見放題
【作品一覧ページ】リンク(配信開始以降アクセス可能)


[画像5: リンク ]

バウムちゃんねる映画祭(リンク

【開催期間】2018年5月5日(土)~5月10日(木)

「バウムちゃんねる」とは、芸能プロダクションのバウムアンドクーヘンが俳優のプロモーション映像として撮影した短編映画のこと。いずれの作品も出演者は主にバウムアンドクーヘンに所属する俳優たちで、映画・映像監督とコラボして映像化した作品をまとめて映画祭として上映を行った。今回は上田慎一郎、佐藤快磨、山田佳奈、松本花奈、近藤啓介、飯塚貴士、東海林毅、冨永昌敬などの監督陣が手がけた24作品を配信。

バウムちゃんねる映画祭主催 株式会社バウムアンドクーヘン 代表 鷲野令奈氏コメント
バウムちゃんねる映画祭は、芸能事務所バウムアンドクーヘン に所属する俳優のプロモーション映像として、ホームページ上などで俳優の演技を気軽に観てもらえる短編映画を作ろうという趣旨で始まりました。
どうせやるなら面白いものを、という想いでいろいろなジャンルの監督さんにお声掛けしたところ、個性的で魅力的な監督さん達にご参加頂くことが出来、弊社俳優陣と素晴らしいコラボレーションが実現しました。
バウムちゃんねるの見所は、このバラエティに富んだ監督達の競演はもちろん、同じ役者が複数出ていて、それを連続で見せられているのに、それぞれ違う人物としてちゃんと成立している面白さを味わえるというのが一番の醍醐味だと自負しております。
なので皆さんもぜひ、全作品を続けてご覧になって、お気に入りの作品、俳優を見つけてみてください。より多くの皆様に楽しんでいただけますように。

【配信期間】2021年8月17日(火)12:00 ~2022年8月16日(火)23:59(予定)
【配信形態】見放題
【作品一覧ページ】リンク(配信開始以降アクセス可能)


これまでに連携した映画祭は、U-NEXTで特集を展開しています。以下URLからご確認いただけますので、ぜひお楽しみください。(対象作品が配信終了している映画祭もございます。ご了承ください。)

●東京国際映画祭(リンク
●東京学生映画祭(リンク
●未体験ゾーンの映画たち(リンク
●SKIPシティ国際Dシネマ映画祭(リンク
●広島こわい映画祭(リンク
●NASU SHORT FILM FESTIVAL(リンク
●なら国際映画祭(リンク
●あわら湯けむり映画祭(リンク
●moosic lab.(リンク
●うえだ城下町映画祭(リンク
●関西クィア映画祭 オンライン上映会~関西クィア映画祭2021の開催を目指して~(リンク
●TOKYO青春映画祭(2021年8月6日より配信予定:リンク

U-NEXTは今後も、映画業界の発展、ならびに、全国の映画ファンが作品を楽しめる環境作りに尽力してまいります。今後の展開にもぜひご注目ください。


U-NEXTとは
U-NEXTは見放題作品数No.1※の動画配信サービスです。21万本以上の映画、ドラマ、アニメが見放題で楽しめるほか、公開・放送されたばかりの最新作を含む2万本以上のレンタル作品、さらに65万冊以上のマンガや書籍もラインナップしています。1つのアプリで「観る」「読む」をシームレスに楽しめる、ジャンルを超えたエンタメ体験をお届けしています。

U-NEXT:リンク
※GEM Partners調べ/2021年7月時点

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]