月刊『広報会議』、cinra、日立製作所と共同で、従業員エンゲージメント向上プロジェクトを発足 初回の研究会にはアドビ、オムロン、スクウェア・エニックス、スマイルズの広報担当が参加。



[画像: リンク ]


広報・メディア対応の専門誌『広報会議』を発行する株式会社宣伝会議(所在地:東京都港区)は、株式会社cinra、株式会社日立製作所と共同で、従業員エンゲージメントの向上に貢献する広報活動について議論をするプロジェクトを発足いたしました。

従業員が自社のありかたや仕事に対して誇りを持ち、自発的に行動している。こうした状態が会社と個人双方の成長につながるとされ、リモートワークが常態化する中、改めて従業員エンゲージメントに注目が集まっています。本プロジェクトでは、約半年にわたり、さまざまな立場の広報担当者と議論を行いそこから得た知見を月刊『広報会議』やウェブサイト「アドタイ」で活動報告していきます。

初回の研究会は、ゲストに経営コンサルタントの柴田彰氏(コーン・フェリー・ジャパン)を招き、アドビ、オムロン、スクウェア・エニックス、スマイルズも参加。宣伝会議、cinra、日立製作所とともに、「従業員エンゲージメントを高めるために広報ができることは?」をテーマにしたディスカッションや、事例の共有をおこない、月刊『広報会議』2021年8月号でその様子をレポート掲載いたします。

◆研究会概要
名称:
「従業員エンゲージメント」向上プロジェクト

発足:
2021年6月1日(火)

活動:
全4回の研究会(意見交換会)、研究レポートの配信を中心とした情報発信

テーマ(予定):
・従業員エンゲージメントを高めるために広報ができることは?
・コミュニケーションの設計
・経営戦略、人材戦略との連携
・効果測定

ボードメンバー:
株式会社cinra
株式会社日立製作所

事務局:
株式会社宣伝会議

◆株式会社cinraについて
「人に変化を、世界に想像力を」をミッションに掲げ事業を行うクリエイティブカンパニー。インターネットを軸に、WEBサイトや広告の企画・制作、メディア運営、イベント企画など多岐にわたる事業を行っている。

詳しくは:リンク

◆株式会社日立製作所について
日立は、IT(Information Technology)、OT(Operational Technology)およびプロダクトを組み合わせた社会イノベーション事業に注力している。日立の先進的なデジタル技術を活用したソリューション/サービス/テクノロジーであるLumadaを通じて、IT、エネルギー、インダストリー、モビリティ、ライフ、オートモティブシステムの6分野でお客さまのデータから価値を創出し、デジタルイノベーションを加速することで、社会価値・環境価値・経済価値の3つの価値向上に貢献する。

詳しくは:リンク

◆ コーン・フェリー・ジャパン柴田 彰氏について
コーン・フェリー・ジャパン コンサルティング部門責任者/シニア・クライアント・パートナー 柴田 彰(しばた・あきら)

慶應義塾大学文学部卒業後、PwCコンサルティング(現IBM)、フライシュマン・ヒラードを経て現職。
コーン・フェリー・ジャパンにおいて、幅広い組織・人事テーマを取り扱うコンサルティング部門の責任者。
著書に『エンゲージメント経営』『人材トランスフォーメーション』、共著に『職務基準の人事制度』『VUCA 変化の時代を生き抜く7つの条件』『ジョブ型人事制度の教科書』ほか。

◆ 宣伝会議について
マーケティング・コミュニケーション(宣伝・広告、販売促進、広報・PR、クリエイティブ)に特化し、メディア・教育事業を展開。月刊『宣伝会議』の創刊は1954(昭和29)年。ほか月刊誌の『販促会議』『ブレーン』『広報会議』、書籍・年鑑の発行のほか、教育事業ではマーケティング・コミュニケーションに関する講座、各種教育研修・セミナーを企画・実施。全国年1万5000人の修了生を輩出しています。

■本件に関するお問い合わせ
株式会社宣伝会議 広報室
TEL:03-3475-3010 / メール:pr@sendenkaigi.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]