エディオン、大規模基幹システムをOracle Cloud Infrastructureに全面移行

Oracle Cloud Infrastructure上に自社主導でOracle Exadataを含む100台以上の仮想化サーバーと物理サーバーを全面移行し、災害復旧環境も構築。

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、執行役 社長:三澤 智光)は本日、株式会社エディオン(本社:大阪府大阪市、代表取締役会長兼社長執行役員:久保 允誉)が、同社の店舗、本部、在庫、物流業務などの12の大規模基幹システムを「Oracle Exadata Cloud Service」を含む「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」上に移行し、2020年11月に稼働開始したことを発表します。また、「Oracle Cloud」の東京と大阪の2つのリージョンを活用した災害復旧(DR)環境を構築し、基幹システムの可用性と事業継続性を強化しています。自社主導で「OCI」への移行およびDR環境構築を行った結果、システムの開発の内製化のさらなる促進、および運用においても内製化を加速しています。



[画像: リンク ]

News Release

エディオン、大規模基幹システムをOracle Cloud Infrastructureに全面移行
Oracle Cloud Infrastructure上に自社主導でOracle Exadataを含む100台以上の仮想化サーバーと物理サーバーを全面移行し、災害復旧環境も構築。東京・大阪の2拠点で合計200以上のコンピュート・インスタンス、2つのOracle Exadata Cloud Serviceを活用した基幹システムが稼働。スピード経営に不可欠なシステム変革を加速

2021年3月1日

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、執行役 社長:三澤 智光)は本日、株式会社エディオン(本社:大阪府大阪市、代表取締役会長兼社長執行役員:久保 允誉)が、同社の店舗、本部、在庫、物流業務などの12の大規模基幹システムを「Oracle Exadata Cloud Service」を含む「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」上に移行し、2020年11月に稼働開始したことを発表します。また、「Oracle Cloud」の東京と大阪の2つのリージョンを活用した災害復旧(DR)環境を構築し、基幹システムの可用性と事業継続性を強化しています。自社主導で「OCI」への移行およびDR環境構築を行った結果、システムの開発の内製化のさらなる促進、および運用においても内製化を加速しています。

エディオンは、家電事業、リフォーム事業、物流事業、教育事業の4つの事業を柱に、グループ全体で全国に約1,200店舗(FC店含む)を展開しています。人々の働き方やライフスタイルの多様化に伴い、新規事業や事業拡大を加速するスピード経営を支えるシステム変革に取り組んでいます。これまでのコスト削減や安定性を重視した基幹システムを、俊敏性、柔軟性、拡張性も備えて刷新することを目的に、クラウドへの全面移行を決定しました。

エディオンでは、店舗、本部、在庫および物流業務の基盤となる大規模な基幹システムの移行およびDR環境構築に、「Oracle Exadata Cloud Service」を含む「OCI」を選定しました。移行における要件は、「Oracle Exadata」を含む100台以上の仮想サーバー、および物理サーバーをパブリック・クラウドへ一括移行、要件定義から本番およびDR環境構築、各種ソフトウェアのバージョンアップ、移行までの全プロセスを11カ月で完了、移行時のシステム停止は3時間、さらにこれらの移行を自社主導で実現可能という点でした。他社パブリック・クラウドも検討した結果、クラウド上で「Oracle Exadata」のワークロードを安定稼働させるにはオンプレミスと同等またはそれ以上の高い性能および信頼性を提供する「Oracle Exadata Cloud Service」が必須と判断し、また、国内の2つのリージョンを活用したDR環境の構築が可能であり、日本オラクルのコンサルティング部門による高度な移行支援を受けられることを評価し、「OCI」を選定しました。

エディオンでは、日本オラクルのコンサルティング部門と緊密に連携し、実現可能性の検証を実施し、最適なアーキテクチャとクラウド移行計画を策定しました。東京および大阪リージョンの2拠点で合計200以上のコンピュート・インスタンス、2つの「Oracle Exadata Cloud Service」を活用した本番環境およびDR環境の検証、構築、およびシステム・メンテナンスにおける人的ミスをなくすためにInfrastructure as Codeを採用しました。また、「Oracle Cloud Maximum Availability Architecture(MAA)」で推奨される最適な高可用性構成を実装することで、24時間365日稼働する基幹システムに不可欠な高いレベルの可用性とデータ保護を実現し、事業継続性を強化しています。システムの柔軟性やセキュリティ対策としてOS、ミドルウェア、データベースも最新バージョンへのアップデートも併せて実施しました。アプリケーションのテストを短期間で実施するために「Oracle Real Application Testing」を活用しました。データベースの移行には、「Oracle GoldenGate」、「Oracle GoldenGate Veridata」に加え、ファイル移行にはカスタムで開発したツールを活用することで、一括移行、差分移行、切戻しの仕組みを可能にし、3時間以内で確実な移行に成功しました。

エディオンでは、今回のクラウド移行によって運用管理業務を軽減し、より戦略的な分野へ自社のITリソースを投入しています。今後もOCIで提供される広範かつ最新のテクノロジーやサービスを、クラウド・ネイティブなシステムおよびアプリケーション改修に活用していきます。

本発表に向けたお客様からのコメント:
エディオンは、スピード経営を支えるシステム変革を推進する一環として、今回のOCIへの基幹システム移行は自社主導で行うことを決めました。システム・インテグレータに頼らずにミッション・クリティカルな大規模基幹システムの移行、切り替えおよびモダナイズを行うことは初の試みで大きなチャレンジでした。計画どおりに移行を完了し、OCI上で新たなシステムが稼働開始できたことは、エディオンとオラクルが協働して成し遂げた当社のシステム変革推進における大きな成功です。オラクルには、今後も戦略的パートナーとしてさらなる支援を期待しています。
株式会社エディオン 取締役専務執行役員 事業本部長 金子 悟士 氏


日本オラクルについて
私たちのミッションは、人々が新たな方法でデータを理解し、本質を見極め、無限の可能性を解き放てるよう支援していくことです。データ・ドリブンなアプローチにより情報価値を最大化するクラウド・サービス、それらの利用を支援する各種サービスを提供しています。オラクル・コーポレーションの日本法人。2000年に東証一部上場(証券コード:4716)。URL www.oracle.com/jp

オラクルについて
オラクルは、広範かつ統合されたアプリケーション群に加え、セキュリティを備えた自律型のインフラストラクチャをOracle Cloudとして提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。

【本件に関するお問い合わせ先】
日本オラクル株式会社 広報室 石山
Tel: 03-6834-4837/E-mail: pr-room_jp@oracle.com
プレスルームリンク

* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]