加熱脱脂による2ステップ金属3Dプリンター「Studio システム 2」取り扱い開始



丸紅情報システムズ株式会社(略称:エムシス/MSYS 以下、MSYS)は、金属3Dプリンターを専門に開発する米国Desktop Metal,Inc.の金属3Dプリンター「Studio システム 2」の国内における取り扱いを開始します。

2018年より取り扱ってきた従来の「Studioシステム+」は、金属粉末と熱可塑性のバインダー(結合樹脂剤)を混合した材料を積層して造形するFDM方式(熱溶解積層方式)の「金属3Dプリンター本体」と、バインダーを脱脂する「デバインダーステーション」、高温で金属粉末を溶融結合させて焼結体をつくる「ファーネス(焼結炉)」の3つの機器でシステム一式を構成するシステムでした。Studio システム 2は、Studioシステム+の後継機で、バインダーの脱脂と金属粉末の溶融結合をファーネスの1ステップで実現し、デバインダーステーションを必要とせず、造形、焼結の2ステップで完結できることが最大の特徴です。脱脂時の溶剤使用が導入障壁になっていた企業・団体でも採用可能なシステムです。

Sutudioシステム+を導入済みのユーザ向けには、一部の追加部品とソフトウェアのアップデートによりStudio システム 2と同じ機能を実現できるサポートを用意しています。Studio システム 2の出荷開始は2021年3月頃の予定です。Studio システム 2で使用する造形材料は、316Lステンレス鋼ですが、デバインダーステーションを併用する事で従来材料のクロムモリブデン鋼、銅なども使用可能です。

MSYSは、1992年以来、28年以上にわたり3Dプリンターの導入を促進し、活用を支援してきました。これまでの3Dプリンターの販売・保守サポート歴で培った豊富な経験をもとに、製造業を始めとするものづくりのお客様へ向けてStudio システム 2の拡販を目指します。

■製品紹介サイト:リンク

<Studio システム 2仕様>
Studio システム 2全体構成(プリンター/左、ファーネス/右)
[画像: リンク ]



・機器サイズ:832(W) x 529(D) x 948(H)mm
・積層ピッチ:0.05-0.3mm
・造形サイズ:300(W) x 200(D) x 200(H) mm
・造形材料:316Lステンレス鋼 材料は順次追加予定
※従来材料はデバインダー併用により使用可能
・電力:100-130V、50/60 Hz、15A、1-phease


【Desktop Metal(デスクトップメタル)について】
会社名称 : Desktop Metal, Inc.
CEO : Ric Fulop
本社所在地 : 米国マサチューセッツ州バーリントン
設立 : 2015年
出資者 : GV(Google Ventures), GE Ventures, BMW iVentures, New Enterprise Associates, Stratasys 他
URL : リンク

【丸紅情報システムズについて】
丸紅情報システムズは、最先端ITを駆使した付加価値の高いソリューションやサービスを、お客様視点で提供するソリューションプロバイダです。製造・流通・サービス・小売・金融業を中心とする様々な業界の知見と高度な提案力とグローバルな視点からお客様の差別化に貢献する最先端技術やそれを活用した新しいソリューションの開発力が当社の強みです。ソリューションや製品、サービスを通じて、お客様の期待を超える新しい「価値」の創出でお客様のビジネスを支援します。

<お問い合わせ先>
丸紅情報システムズ株式会社
経営企画部 広報課(プレス関係者窓口)
〒169-0072東京都新宿区大久保3-8-2 新宿ガーデンタワー
電話:03-4243-4040 URL: リンク

<製品に関するお問い合わせ>
丸紅情報システムズ株式会社
製造ソリューション事業本部 モデリングソリューション部
電話:03-4243-4123

*文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。
*ニュースリリース記載の情報は発表日現在の情報であり、予告なく変更される場合があります。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]