logo

楽天「ラクマ」、著名人の私物ファッションアイテムをチャリティー販売する「ラクマ エコフリーマーケット」を期間限定でオープン

- 水原 希子さん、クリス-ウェブ 佳子さん、植野 有砂さん、ベイカー 恵利沙さん、VIOLETTA POLTさんが参加!売上金は環境保全団体へ寄付 ‐

 楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史)は、運営するフリマアプリの楽天「ラクマ」のサイト内に、著名人の私物ファッションアイテムを販売し、売上金を環境保全団体などへ寄付する期間限定ショップ「ラクマ エコフリーマーケット」を、本日オープンします。商品の販売は、2021年1月27日(水)に開始します。




 
[画像1: リンク ]


 「ラクマ エコフリーマーケット」は、楽天「ラクマ」が目指す「不用品をごみにしない社会」の実現に向けて、さらに多くの方にフリーマーケットを利用してもらうためのきっかけ作りとして開催するものです。主な取り組みとして、本企画の趣旨に共感された5名の参加者(水原 希子さん、クリス-ウェブ 佳子さん、植野 有砂さん、ベイカー 恵利沙さん、VIOLETTA POLTさん)より、不用になった私物ファッションアイテムを提供してもらい、「ラクマ エコフリーマーケット」にて販売(注1)します。送料などの経費を差し引いた売上金は、地球環境問題の解決に向けて活動する「UNEPサステナビリティアクション」や自然保護およびその推進を行う「日本自然保護協会」に寄付します。また、販売期間内に取引が完了しなかった出品物がある場合は、日本環境設計株式会社が運営する衣料品の回収・リサイクル・再製品化を行うサーキュラーエコノミーブランド「BRING」の協力のもと、出品物を回収してポリエステルなどの原料としてリサイクルします。
[画像2: リンク ]


 5名の参加者の方々には、「ラクマ エコフリーマーケット」のオープンに先駆けて、エコに対する想いや本企画に参加した理由などについてのインタビューを行いました。インタビュー記事は、本日開設した特設ページ(リンク)にて公開しています。
なお、特設ページでは、繰り返し使える梱包袋「ラクマ リユースパック」の抽選プレゼントキャンペーンも開催します。「ラクマ リユースパック」は日本環境設計株式会社の協力のもと、梱包資材が不用品としてごみにならないように、繰り返し使用できる梱包資材として制作しました。不用になった資材と生活防水仕様で耐久性のある素材を使用しています。

 環境省の調査(注2)によると、不用になった衣類の排出・引渡先として、約6割の消費者が「自宅・物置等で保管」と回答しました。楽天「ラクマ」ではよりサステナブルな消費の輪を広げるべく、不用品のリユースを促すことでより多くの資源の循環を生み出し、循環型社会の実現にむけて取り組んでまいります。

(注1)購入申請をしたユーザーの中から、抽選で購入者を決定します。
(注2)出典:令和元年7月発表 環境省環境再生・資源循環局総務課リサイクル推進室 「平成 30 年度リユース市場規模調査」

■「ラクマ エコフリーマーケット」参加者のコメント(特設ページ掲載インタビューより抜粋)
・水原 希子さん
「もともとフリマアプリはとてもよく利用していて、もう販売されていないデッドストックやアンティークなものを探すのも好きです。ファッション産業が環境問題に深刻な影響を与えていることを知って、なるべく衣類をごみにせずに再利用していく方法を私なりに考えていたので、今回参加を決めました。」
・クリス-ウェブ 佳子さん
「コロナ禍の外出自粛期間に大規模なクローゼット整理をしました。ネットを通じて大切にしてくれる誰かに届けられればと思って今回のプロジェクトに参加しました。」
・植野 有砂さん
「日頃から楽天「ラクマ」を利用しており、今回はサステナビリティの認知を広げる、呼びかけられる活動だと思い、参加させていただきました。」
・ベイカー 恵利沙さん
「ファッションを楽しむ気持ちと環境に配慮した生き方を両立したい、と毎日思っています。この企画の売上が、地球を良くすることに使われるというのもとても嬉しいです。」
・VIOLETTA POLTさん
「自分が使わなくなったものの中で良いものが多かったので、捨てるよりも、使える方に使ってもらいたいと思い参加を決めました。」

■「ラクマ エコフリーマーケット」期間限定ショップの概要
・販売期間: 2021年1月27日(水)より3回に分けて販売。各回完売次第終了。
    - 1回目:2021年1月27日(水)10:00頃
- 2回目:2021年2月4日(木)10:00頃
- 3回目:2021年2月12日(金)10:00頃
※購入申請をしたユーザーの中から、抽選で購入者を決定。
・販売商品: 水原 希子さん、クリス-ウェブ 佳子さん、植野 有砂さん、ベイカー 恵利沙さん、VIOLETTA POLTさんの私物ファッションアイテム計57点を予定
[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]

[画像7: リンク ]


・売上金寄付先:
- UNEPサステナビリティアクション(地球環境問題の解決)
URL: リンク
- 日本自然保護協会(自然保護およびその推進)
URL: リンク
[画像8: リンク ]

[画像9: リンク ]


・「ラクマ エコフリーマーケット」特設ページ: リンク

■繰り返し使える梱包袋「ラクマ リユースパック」の抽選プレゼントキャンペーンの概要
・実施内容: 出品物の発送等に繰り返し使える梱包袋「ラクマ リユースパック」を、抽選で最大300名様にプレゼント
※当選者数は、キャンペーン終了時の楽天「ラクマ」公式Twitterアカウントのキャンペーンツイートのリツイート数に応じて変更となります。
- 3,000リツイート以上: 300名様
- 1,000~2,999リツイート: 200名様
- 1~999リツイート: 100名様
・キャンペーン期間: 2021年1月25日(月)12:00~2021年2月22日(月)23:59
・キャンペーン対象: 「ラクマ エコフリーマーケット」での商品購入の有無を問わず、本キャンペーンにエントリーされた方
・当選者への発送時期: 2021年3月下旬頃を予定
・「ラクマリユースパック」仕様: 日本環境設計株式会社の協力のもと、不用になった資材と生活防水仕様で耐久性のある素材を使用。送りたいサイズに合わせて、スナップを留める位置を変えて利用可能。半分に折ると、ゆうパケット・ネコポスサイズにも対応。
[画像10: リンク ]

[画像11: リンク ]


【フリマアプリの楽天「ラクマ」について】
楽天「ラクマ」は、日本初のフリマアプリ「フリル」と、楽天のフリマアプリ「(旧)ラクマ」が2018年2月に統合して生まれたサービスです。不用になったものを、次に必要とする人へつなぐプラットフォームとして、新しい消費の価値を生み出すことを目指しています。2018年6月には、新潟県新潟市に初の地方拠点を開設し、カスタマーサポートのさらなる強化に尽力しています。販売手数料の安さなどを強みに、2020年6月末時点で2,500万ダウンロードを突破しました。

以 上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]