logo

在宅勤務におけるプリント業務の効率化を促進 コンパクトなビジネスインクジェット複合機“TR8630”を発売

キヤノンは、ビジネスインクジェットプリンターTRシリーズの新製品として、ADF(自動原稿送り装置)を搭載したコンパクトな複合機“TR8630”を、2020年9月10日に発売します。



[画像: リンク ]

「新しい生活様式」の促進に伴い、在宅勤務を実施する企業が増加し、仕事を自宅で行う人の割合が増えています。新製品は、原稿を連続して読み取ることが可能なADFを搭載し、複数枚の書類や資料を効率的にコピー・ファクス送信できるコンパクトサイズのビジネスインクジェット複合機です。また、学習や遊びに関する多様なプリントを、簡単・便利に印刷することが可能です。

■ 自宅でのプリントをより快適で便利にする多彩な機能
在宅勤務時に必要な書類をリモートプリントできるサービス(※1)に対応しており、自宅で業務を行う際の効率的なプリント環境を提供します。さらに、教育機関や学習塾などで使用が広がるオンライン学習プラットフォーム「Google Classroom」にも対応し、課題や解答用紙などを簡単に印刷することができます。そのほか、「Creative Park」のペーパークラフトや5 色ハイブリッドインクの採用による高画質な写真印刷など、遊びにおけるさまざまなプリントもサポートします。

■ コンパクトな本体にコピーやスキャンなどの業務を効率化するADFを搭載
最大20枚までの原稿が積載できる実用的なADFを搭載し、コピー・スキャン・ファクス送信などの業務の効率化に貢献します。従来機種「TR8530」(2017年10月発売)と同じ、約438(幅)×351(奥行き)×190(高さ)mm(※2)のコンパクトサイズを継承し、デスク周りなど自宅の限られたスペースにも柔軟に設置できます。

■「QRコードダイレクト接続」機能などにより簡単にスマホ連携が可能
「QRコードダイレクト接続」機能の採用により、プリンターの液晶画面上に表示されるQRコードをスマホ(iOS端末のみ(※3))で読み取るだけで、スマホ側でのプリンターのSSID(※4)選択やパスワード入力をすることなく、スマホとプリンターを無線でダイレクト接続することができます。その他、「ワイヤレスコネクトボタン」なども搭載し、簡単にスマホプリントが始められます。
[表: リンク ]


※1  詳細は「PIXUSでリモートプリントページ リンク」をご確認ください。
※2  使用時のサイズは、約438(幅)×652(奥行き)×300(高さ) mm。
※3  iOS11以降のiPhoneおよびiPadのみ使用可能。
※4  無線LANの特定のアクセスポイントを指定するための識別名。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]