logo

ブランディア、東南アジア・台湾最大級のECモール「Shopee」に出品開始、台湾やタイなど東南アジアでの販売を強化

BEENOSグループのクロスボーダーEコマースノウハウを活かし日本のリユース品を世界へ

BEENOS 株式会社(東京都品川区 代表取締役:直井 聖太、以下「BEENOS」)の連結子会社であるブランド品宅配買取サービス「ブランディア」を運営する、株式会社デファクトスタンダード(本社:東京都大田区、代表取締役社長:仙頭健一、以下「デファクトスタンダード」)は、2020年8月18日(火)より東南アジア・台湾最大級のマーケットプレイス「Shopee(リンク)」に出品し、台湾、タイでの販売を開始いたします。今回の連携はBEENOSグループの代理購入サービスと連携し、培ってきたグローバルEコマースのノウハウを活かし、日本のリユース品を世界へと広げる一助となることを目指します。

▼プレスリリースPDFダウンロード
リンク

■業務提携の背景
デファクトスタンダードは、これまで国内のマーケットプレイスとともに海外マーケットプレイス「eBay」にも出品し、海外では主にアメリカを中心に販売を行ってまいりました。2018年にはeBayにおいて「セラー・オブ・ザ・イヤー」を獲得するなど、販売実績を上げてまいりました。また、2020年7月にはフランスに拠点をもつ欧州最大規模の中古ブランド品マーケットプレイスである「Vestiaire Collective」との業務提携を開始するなど、海外への販路拡大を図っております。
Shopeeは台湾、タイ、マレーシア、インドネシア、ベトナムの5地域ショッピングアプリダウンロード数No.1を誇り、2015年からオーダー数が約80倍と急成長を遂げている東南アジア・台湾最大級のマーケットプレイスです。この度、当社はアジア圏への販売を本格的に開始すべく、BEENOSグループのクロスボーダービジネスのノウハウを活かし、Shopeeでの出品開始に至りました。まずは台湾、タイのユーザー向けに出店し、徐々に東南アジア各国へ広げてまいります。
また、当社はラグジュアリーブランドの買取を強化すべく、2020年6月に恵比寿、2020年7月に新宿にて買取専門店をオープンいたしました。台湾とタイは、親日国で日本の商品の人気も高く、中古ブランド市場の需要も高いため、ラグジュアリーブランドの販売チャネルとしても親和性が高いと考えております。
今後もBEENOSグループのクロスボーダー事業によるグローバルショッピングサービスのオペレーションノウハウやテクノロジーを活用し、さらなる海外販路拡大に注力してまいります。そして、ブランディアで培った真贋ノウハウによる高い品質を維持し、海外販路にも適正価格で販売することで、お客様への買取価格に還元してまいります。

◆株式会社デファクトスタンダードについて リンク
中核事業であるブランド品宅配買取サービス「Brandear(ブランディア)」を中心に、「ブランド・アパレル品のデータベース」「ローコストオペレーション」「テクノロジー」といった強みを活かし、リユースEコマースにおけるマーケットを拡大してきました。取り扱いは、約7,000ブランドの洋服、バッグ、アクセサリーと幅広く、延べ300万人以上のお客様にご利用頂いております。今後は店舗展開も拡大し、ラグジュアリーブランドの買取も強化してまいります。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]