logo

【無料セミナー】過去に学び、未来を描く。危機の時代を生き抜く判断軸のつくり方

TAC株式会社 2020年08月18日 11時16分 [ TAC株式会社のプレスリリース一覧 ]
From PR TIMES

新感覚の会計エンタテイナー田中靖浩氏と地域金融機関向けコンサルタント高橋昌裕氏による"会計×金融"スペシャルセミナー

公認会計士や税理士など、多くの国家資格や検定試験の受験指導といった教育事業を展開しているTAC株式会社(東京都千代田区、代表取締役:多田敏男)は、経営知識が学べる企業経営アドバイザー講座による特別セミナーとして、「過去に学び、未来を描く。危機の時代を生き抜く判断軸のつくり方」を、田中 靖浩 氏/田中公認会計士事務所 所長と高橋 昌裕 氏/BRAVEYELL株式会社 代表取締役 を講師として9月5日(土)13時より実施することとなりました。先行きが見えない状況下において自分自身が描く将来へと進むヒントにできるセミナーです。



[画像1: リンク ]

2020年夏、本来は東京オリンピックで賑わっているはずが、現実はまったく異なる世界でした。
コロナ禍や自然災害など思いもよらない危機が突如として現れる時代に、企業の経営者やその支援者は何をもって決断をしていくのか。

今回のセミナーでは、「過去」の危機に際して人々がどのように希望を見い出し乗り越えてきたのか、そして「未来」へ向かってポジティブな変化を実現させる考え方について、新感覚の会計エンタテイナー 田中靖浩氏と地域金融機関向けコンサルタント 高橋昌裕氏という会計と金融のスペシャリスト2人をお招きしてお話しします。

先行きが見えない状況下においても、「過去」から学び、自身が選んでいく「未来」の判断軸をもつヒントにしていただければと考え、実施することとなりました。

■セミナー概要

[表: リンク ]



■こんな方にオススメ
・経営支援に携わっていて、コロナ禍に立ち向かうアドバイスの1つとして歴史に裏付けられた危機克服法を学びたい方
・やらなければならない目先の仕事を積み上げるのではなく、「どうありたいのか」と先にゴールを設定した上で、逆算して取り組む仕事を設定するゴールベース思考を学びたいビジネスパーソン
・先行きが不透明な中で、自分自分のキャリアをもう一度見直したい方
・危機の時代に土台とすべき本質的な考え方を身につけたい方

■プログラム
【第1部 】 13:00 - 14:00(60分)
「会計の世界史」に学ぶ危機に負けない生き方
講 師:田中 靖浩 氏
歴史は、世界が幾度も繰り返してきた様々な危機と再生の物語を見つめてきました。ベストセラーとなった「会計の世界史」と、新刊「名画で学ぶ経済の世界史」から、現代の危機を生き抜く経済再生のヒントをお伝えします。
・ルネサンスはペストと経済危機からの再生だった
・金融立国オランダで世界初の株式会社と証券取引所が誕生した理由
・産業革命の光と影~AIにおびえる人々と当時の共通点~
・世界史に学ぶ「危機を乗り越えるタフな生き方」

【第2部】 14:00 - 14:45(45分)
危機のときこそ未来を描こう~企業を元気にする “ゴールベース” 思考のススメ~
講 師:高橋 昌裕 氏
思いもよらぬ危機が突如としてやってきたとき、目先の危機を乗り切るための対応だけでは不安と疲弊ばかりが募ってしまうかもしれません。
こんなときにおススメするのが、“ゴールベース”思考です。“ゴールベース”は、将来のありたい姿と、実現にむけた道筋を考えるものです。危機だからこそ、企業経営の原点に立ち返り、大事にすること・目指すものを見つめなおす機会へと、発想を切り替えてはどうでしょうか。
“ゴールベース”は、企業経営においてだけではなく、私たち自身の動き方を考えるのにも役立ちます。
“ゴールべ―ス”思考で、企業を元気にし、そして自分自身の活力を手に入れましょう。


■講師プロフィール


田中 靖浩 氏/田中公認会計士事務所 所長

[画像2: リンク ]

1963年生まれ。三重県四日市市出身。
早稲田大学商学部卒業後、外資系コンサルティング会社勤務などを経て独立開業。
ビジネススクール、企業研修などで「笑いが起こる」講師として活躍する一方、落語家・講談師とのコラボイベントを展開するなど、幅広くポップに活躍中。
主な著書に「名画で学ぶ経済の世界史」(マガジンハウス)、「会計の世界史」「良い値決め 悪い値決め」(以上、日経BP社)、翻訳絵本に 「おかねをかせぐ!」「おかねをつかう!」(岩崎書店)などがある。

高橋 昌裕 氏/BRAVEYELL株式会社 代表取締役

[画像3: リンク ]

2002年 外資系コンサルティングファームのA.T. カーニーに参画。金融プラクティスに所属し、主に地方銀行のコンサルティングに従事。
2018年 これまでの経験を活かすかたちで独立し、BRAVEYELLを設立。地域金融機関、および中小企業へのコンサルティング、研修講師・講演なども多数実施。BRAVEYELL設立後も、A.T. カーニーと契約を結び、同社のアソシエイテッドコンサルタントとしても活動中。
2020年4月~、金融庁の参与(非常勤)に就任。
著書に「ザ・地銀~構造不況に打ち克つ長期ビジョン経営」「実践!『現場営業力』強化セミナー」「ゴールベース法人取引」(いずれも金融財政事情研究会刊)がある。


■今後の展望
企業経営アドバイザーは、地域企業の経営者の伴走者となる検定試験です。
TAC(株)は、2020年度受講者数300名を目標とし、多くの学習者を輩出することで社会の地域企業を支える人材育成と発展に寄与してまいります。
※企業経営アドバイザーとは、幅広いビジネスパーソンを対象として、企業の適切な事業性評価や経営支援を行うことができる人材としての技量を測る検定試験で、(一社)日本金融人材育成協会により創設されました。企業経営に関する専門知識を問う「知識科目」と、事業性評価の知識を問う「実践科目」で構成され、本検定試験の合格者は、企業経営の実務知識や能力を備えた人材であることが証明されます。
さらに、(一社)日本金融人材育成協会が認定している対話力向上講習を修了された方は「企業経営アドバイザー」として認定され、その称号が与えられます。
経営者の頼れる相談者となり、中小企業の課題に真正面から向き合い経営支援に取り組むことで、地域の活性化や地方創生に貢献できる人材として期待されるのが「企業経営アドバイザー」です。

【TAC企業経営アドバイザー対策講座】
リンク

【試験実施団体 (一社)日本金融人材育成協会】
会計や法律分野等の資格・検定受験対策で高い実績を持つTAC株式会社から100%拠出により2017年9月設立された(一社)日本金融人材育成協会は、地方創生と様々な社会課題の解決から地域企業発展に寄与できる人材の育成に取り組んでおります。
企業経営アドバイザー・相続検定2級・年金検定2級を実施・運営しています。
リンク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社概要
会社名:TAC株式会社
代表者:代表取締役社長 多田 敏男
設 立:1980年12月
事業内容:個人教育事業、法人研修事業、出版事業、人材事業
本 社:〒101-8383 東京都千代田区神田三崎町3-2-18
Webサイト:リンク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]