logo

博報堂生活総合研究所「第4回 新型コロナウイルスに関する生活者調査」(2020年7月)



[表: リンク ]


株式会社博報堂(本社:東京都港区)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は2020年7月、新型コロナウイルスの感染が拡大している昨今の生活者意識や行動について「新型コロナウイルスに関する生活者調査」を実施いたしました(調査実施は7月2~6日、対象は首都圏・名古屋圏・阪神圏の20~69歳の男女1,500名、一部調査項目については3月より実施)。

感染拡大以前の普段の状態を100点としたとき、現在の状況下における「生活自由度」が何点くらいかをきいたところ、61.4点となりました。6月19日付で都道府県外への移動制限が解除されたこともあり、6月調査の数値から4.4ポイント上昇し、4回の調査で最高値となりました。

また新型コロナウイルス感染拡大に伴う不安や、抑制している行動、変化している行動など41項目について尋ねたところ、【不安度】については「経済の停滞に不安を感じる」(83.1%)をはじめ、6月調査からほぼ横ばいとなりました。【行動抑制度】は「外食を控えている」(74.8%)など全ての項目で6月から減少。また【行動変化度】は各項目の増減はまちまちですが、「外出を控え、家の中でできる娯楽を楽しんでいる」(71.1%) など、屋内型の行動の減少が目立ちました。行動抑制は徐々に緩んでおり、行動の「家から外へ」のシフトが続いている様子がうかがえますが、この夏の国内外旅行やお出かけについては、「特に予定はない」が69.8%となりました。

本調査は当面の期間実施し、毎月第3・4週頃に発表する予定です。
(今後の状況変化により、調査内容等を変更する可能性があります)

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

▼詳しい調査レポートにつきましては、下記ページにあるPDF版をご覧ください
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]