logo

「リモ・アーボ(remo-EarVo)共同開発のお知らせ」(ニュースリリース)

高まるオンライン需要と3密対策に向けた事前協議サービス

 大和ハウスグループの大和ライフネクスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:石崎順子)は、株式会社ラージヒル(本社:東京都新宿区、代表取締役:百瀬寿祐)と共同で、オンライン協議機能(協議・投票、協議録機能等)を取り入れたサービス「リモ・アーボ(remo-EarVo)」を開発し、10月上旬よりラージヒル社から企業や団体で定期会合を主催する方に向けて提供を開始します。



[画像: リンク ]

 
 当社が提供するマンションご入居者専用Webサイト「住まいサポートネット」の機能の一つである「Web理事会サービス(R)」は、パソコン・スマートフォン・タブレット等を利用し、Web上でマンションの理事会開催・質疑応答・決議を可能とするシステムです。新型コロナウイルスの感染拡大以降、対面による長時間の3密状態での会合が難しいとされており、導入に関するお問い合わせが多数寄せられており、そのニーズは非常に高まっています。
 そのような情勢に鑑み、当社が管理を受託する分譲マンションに限らず、すべての分譲マンションで広く活用いただけることを目指し、「Web理事会サービス(R)」の協議機能(協議・投票、協議録機能等)を使用できるサービスを、ラージヒル社と共同で開発しました。
 当社では今後も、社会の多様な課題にお応えし続けることを目指し、みなさまに一歩先の安心、快適、未来のあたり前をカタチにし、お届けできるよう、事業活動に取り組んでまいります。


■「リモ・アーボ(remo-EarVo)」プレスリリース<ラージヒル社>
リンク
■「Web理事会サービス(R)」について
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]