logo

主要ネット証券初、「相続税シミュレータ(簡易版)」の提供を開始

~簡単な入力で相続税に関するお客様の不安を解消~

 マネックス証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:清明祐子、以下「マネックス証券」)は、2020年6月18日(木)より、株式会社MILIZE(本社:東京都港区、代表 取締役社長:田中徹、以下「MILIZE」)と共同で開発したシミュレーションツール「相続税シミュレータ(簡易版)」(以下、「本ツール」)の提供を開始しましたので、お知らせいたします。本ツールは、MILIZEが作成したロジックをベースに開発し、朝日税理士法人(本部:東京都千代田区、代表社員:山中一郎)の監修を受けています。
 相続税のシミュレーションツールの提供は、主要ネット証券初※1となります。
 なお、本ツールの提供に続き、シミュレーション時の資産情報の詳細登録を可能とする「相続シミュレータ(詳細版)」の提供も今後予定しています。




■ 背景
 人生100年時代を迎え、マネックス証券では超高齢社会に対応したサービスラインアップの拡充を図っています。2020年4月には遺産整理業務代行サービス「WEB相続」の取扱いを開始しました。
 お客様からいただく「相続」に関するお問合せの中で比較的多いのが、「相続税」についてです。所得税等とは異なり、税制自体がなじみの薄いもののため、資産の規模にかかわらず税金がかかるのかどうかが分からず、分からないからこそ漠然とした不安につながっています。そこで、お客様の不安解消を図るべく、簡単な入力で相続財産や相続税の概算を試算する本ツールを提供することといたしました。

■概要
 本ツールでは、家族構成、預貯金や有価証券および不動産等の資産の金額、住宅ローン等の負債の金額を入力すると、相続税の概算金額が算出されます。

■特長
(1)朝日税理士法人の監修
   本ツールは、MILIZEが作成した計算式に基づいていますが、法令上の特例等を出来るだけ考慮して
   計算できるように、以下の要素を取り入れています。これらの考慮や計算式は、
   朝日税理士法人の監修を受けており、より信頼度が高いものになっています。

  <考慮した特例等>※2
  「小規模宅地特例」の適用の選択
  「団体信用生命保険」の有無の選択
  「配偶者の税額軽減特例」の適用
  「未成年者の税額控除」の適用

(2)シミュレーション結果の一覧性
   入力した結果を一画面で表示し、誰にでも見やすいよう設計しています。
   これにより、たとえばご家族と話し合う際にも、一覧として可視化されたものを見ながらの相談が
   可能となります。

≪シミュレーション結果イメージ≫
[画像: リンク ]

■アクセス方法
 マネックス証券ウェブサイト TOP のグローバルナビにある「商品・サービス」をクリックし、ページ下段にある見出し「オトク・便利なサービス」内の「WEB相続」にお進みください。「WEB相続」ページ右側の「相続税シミュレータ」バナーからアクセスできます。

 詳細はマネックス証券ウェブサイト(リンク)をご覧ください。

 ※1 2020年6月18日現在マネックス証券調べ。主要ネット証券は、au カブコム証券・SBI証券・松井証券・
   楽天証券・マネックス証券を指します。
 ※2「相続開始前3年以内の暦年贈与」及び「相続時精算課税適用財産の加算」は考慮していません。


今後もマネックス証券は、2018年11月にマネックスグループが発表したブランドステートメント「For Creative Minds」に掲げる、従来の枠組みを超えた新しい発想や視点に基づき、創造性を携えて、新しい「お金の未来」を常に提案してまいります。

                                            以 上
【マネックス証券株式会社について】
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]