logo

博報堂グループ、D2Cブランドビジネスの包括的支援を開始 ブランディングとECの知見を融合させ、開発から運営までのあらゆるニーズをサポート

株式会社博報堂(本社:東京都港区、代表取締役社長:水島正幸、以下博報堂)は、博報堂グループ横断で、企業のD2C(Direct to Consumer)ブランドビジネスを包括的に支援する体制を構築しました。当社グループが強みとする「ブランディング」と「ECビジネス」の知見を高度に融合させながら、D2Cブランドの新規開発からビジネス設計、事業運営までのあらゆるニーズをワンストップで支援してまいります。



ECでの直接販売とソーシャルメディアでのコミュニケーションを前提に成長する「D2Cブランド」が、国内でも次々と登場しています。この潮流はスタートアップ企業が先行して作ってきたものですが、最近では大手メーカーがそのエッセンスを取り入れてブランド開発や運営を始めるケースも見られるようになってきました。さらに足元では、新型コロナウイルスの影響を受けて新たな販売方法を模索し、D2C事業やEC事業に本格的に取り組もうとする企業やブランドも増えています。
その反面、D2Cブランドの運営は「ブランドビジネス」と「ECビジネス」を同時に実現することが求められるため、マネージメントが非常に難しく、成功確率も低いという現実があります。

博報堂はこの課題を打破し、企業のD2Cへの挑戦を成功に導くことを目指して、博報堂グループ内のブランディングとECビジネスの専門性を結集した支援体制(名称:博報堂グループ・D2C統合ソリューションチーム)を構築しました。新たなビジネス機会の発掘、ブランド設計、ビジネス設計、商品設計、バリューチェーン整備、マーケティング戦略立案、店舗展開など、D2Cブランドビジネスに関するあらゆるフェーズ、あらゆるニーズの支援を行います。包括的な支援にも、一部分だけのご相談にも対応可能です。「D2Cブランドを新たに立ち上げたい」「すでにあるD2Cブランドをもっと成長させたい」など、企業の状況に応じて最適なサービスを提供いたします。

この体制は、博報堂社内の複数部門と、博報堂プロダクツなど博報堂グループ内の複数の会社が知見を掛け合わせるとともに、外部パートナーとして株式会社フラクタの参画を得ます。フラクタは数多くのD2Cブランドの立ち上げや運営コンサルティングの実績に加え、事業運営側としてD2Cブランドのグロースに関わった経験も豊富で、D2Cブランドビジネスの実践者として日本でも有数のプレイヤーです。

私たちはグループの強みである生活者発想を基軸に、生活者に求められるD2Cブランドのありかたを構想し、その実現に必要なすべてをご提案していきます。
私たち博報堂グループはこの取り組みを通じて、日本のD2Cブランドの発展に貢献してまいります。


<詳細資料>

■チーム名称
「博報堂グループ・D2C統合ソリューションチーム」

■サービスメニュー全体像
D2Cブランドビジネスに必要なあらゆる機能をワンストップで(一部のみでも)ご提供いたします。


[画像: リンク ]


■ニーズ別プログラム
D2Cブランドを新たに開発したい企業にも、すでにローンチしたD2Cブランドのさらなる成長を目指す企業にもご活用いただける、幅広いプログラムをご用意しています。

(1)D2Cブランドを新たに開発したい方へ
D2C Key Success Factor ケーススタディ
国外のD2Cブランドが、ローンチからマス化までステージごとにどんなマーケティングアクションを実施してきたかを網羅的にピックアップしたケーススタディ・レポートです。D2Cブランドの成功要因がどこにあるかを探ることができます。
D2C ブランドデザインプログラム
D2Cビジネスのキードライバーとなる「生活者の強い共感」を生むブランドを、D2Cの特徴であるシンボリックな顧客体験(UX)や絆を生むコミュニティづくりを見据えた上でデザインします。D2Cを構成するブランド・サービス・コミュニティの3つの視点でD2Cをトータルデザインする専門チームが提供します。
D2Cビジネス設計プログラム
当社のこれまでの経験を通じて洗い出した、D2Cビジネスにかかる必要なコストと観察すべき指標をもとに、事業シミュレーションを行います。商品PL(商品原価やマーケティングコストなど)と顧客PL(LTVやCPAなど)の両方の視点から精査し、事業全体のPLを適切に運営できるかを検討します。
D2Cビジネス実装プログラム
D2C事業を実際に走らせるために必要な、物流/倉庫/コールセンターなどのフルフィルメント体制の整備や、ブランドローンチ後の事業運営体制の構築を行います。
D2C実店舗出店・運営委託プログラム
D2Cビジネスにおいて、オンラインで見つけた商品を「購入する前に実際に試してみたい」という生活者ニーズに応え、本プログラムではポップアップストア・店舗開発や店舗運営委託の経験を通じて蓄積された専門ナレッジによって、顧客行動データを解析する実店舗展開を迅速に支援します。

(2)すでにローンチしたD2Cブランドをもっと成長させたい方へ
D2Cビジネスヘルスチェック
上記「D2Cビジネス設計プログラム」のコストや指標を共有いただき、それらがどのような状態にあるかをこれまでの経験を通じて見ることで、次のアクションの方向性を見出します。
D2C事業運営トータルサポート
商品PLと顧客PLの両方を見ながら、事業運営に必要な打ち手を継続的に考える、D2Cブランドマネージャーをサポートいたします。
D2Cブランドコミュニケーションプランニング
ソーシャルメディア運営、デジタルアド、インフルエンサー活用、ポップアップストアなど、D2Cブランドの活性化に結びつくコミュニケーションをご提案いたします。

■チーム体制
「博報堂グループ・D2C統合ソリューションチーム」は、以下の組織・会社を中心に運営していきます(2020年6月現在)。今後も随時、体制を強化していく予定です。
【博報堂】
マーケティングシステムコンサルティング局
ブランド・イノベーションデザイン局(博報堂ブランド・イノベーションデザイン)
データドリブンプラニング局
ビジネス開発局
【博報堂グループ】
SEEDATA
quantum
WHITE
博報堂プロダクツ
エクスペリエンスD
日本トータルテレマーケティング
博報堂ダイレクト
【外部パートナー】
株式会社フラクタ

■株式会社フラクタについて
テクノロジーとデザインで日本のD2Cブランドを支援するデジタルネイティブブランディングエージェンシーです。 数多くのEコマースとブランディングプロジェクトに寄り添ってきた経験から、ブランドに必要なことを設計から制作まで最適かつコンパクトに実現します。また、Shopify Plus Partner公式パートナーとして、ShopifyにおけるECサイトのコンサルティングサポートも実施しています。
リンク

※博報堂WEBサイト
リンク
※当リリースのPDFファイル
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]