logo

【国立科学博物館】貴重な剥製コレクションをVR博物館として公開します!〈THE WILDLIFE MUSEUM~ヨシモトコレクションVR~〉

文化庁 2020年04月30日 17時35分 [ 文化庁のプレスリリース一覧 ]
From PR TIMES

 国立科学博物館(館長 林良博)は、標本収蔵庫に収蔵されている非公開の貴重なコレクションを、ご自宅からお楽しみいただけるようにVR博物館として公開いたします。
【THE WILDLIFE MUSEUMウェブサイト: リンク





[画像1: リンク ]

 国立科学博物館 地球館3F展示室「大地を駆ける生命」は、多くの哺乳類の剥製が立ち並ぶ人気の展示です。その剥製の大半は、ハワイの実業家、故ワトソンT.ヨシモト氏(1909~2004)より寄贈された約400点の「ヨシモトコレクション」の一部です。上野に展示されていない剥製は、通常は国立科学博物館筑波地区標本収蔵庫に収蔵されていて非公開となっています。

[画像2: リンク ]




幻の「WILDLIFE MUSEUM」をVR空間に再現(配信時間:2020年4月30日14時)

 このたび、これらの非公開の剥製を自由に見学していただけるVR博物館が完成しました。このVR博物館は、ヨシモト氏が1992年に開館した幻の私設博物館「WILDLIFE MUSEUM」をイメージしてVR空間に再現しました。

THE WILDLIFE MUSEUMウェブサイト: リンク

※「THE WILDLIFE MUSEUM」は、PCのWebブラウザまたはVRゴーグルでご覧いただくことができます。詳しい動作条件等はウェブサイトでご確認ください。(スマートフォンやタブレットには対応していません。)


[画像3: リンク ]

VR博物館の外観は、1992年にヨシモト氏が私費を投じて開館した博物館「WILDLIFE MUSEUM」そのもののイメージを完全に再現しました。

[画像4: リンク ]


建物内部に入ると、広大なバーチャル空間が開けていて、剥製がたくさん並んでいます。
[画像5: リンク ]



VR展示だから、実際の博物館の展示室では不可能なほど、目前まで近寄って、好きな角度から動物たちの体をじっくり観察出来ます。3Dビュー+VR映像で、好きなだけ自由にお楽しみいただくことができます。

[画像6: リンク ]

[画像7: リンク ]

ヨシモト氏が博物館を作るまでの自伝的な物語など、剥製の世界を理解して楽しむための解説も充実しています。
今回、公開する剥製は24体です。これまで上野本館の常設展には展示されていない剥製がほとんどです。
今後、順次、新しい剥製を追加していく予定です。


THE WILDLIFE MUSEUMに展示する剥製

アイベックス、アフリカスイギュウ、アルガリ、イボイノシシ、オリビカラカル、カンジキウサギ、キルクディクディク、サーバル、サバンナダイカー、ジェレヌク、シタツンガ、スナイロワラビー、セグロジャッカル、セスジダイカー、ダマジカ、ニルガイ、ハーテビースト(全身、頭部)、ピューマ、ブレスボック、ヘラジカ、モウコガゼル、ヤギ(和名 50音順)


国立科学博物館
ホームページ:リンク
YouTube: リンク
Facebook: リンク
Twitter: リンク
Instagram: リンク


(本リリースの写真は開発中の画面であり、変更することがあります。)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]