logo

宿泊施設等の施設情報ポータルサイト「だれでも東京」の開設について

東京都 2020年03月27日 17時25分
From PR TIMES



令和2年3月27日
戦略政策情報推進本部


宿泊施設等の施設情報ポータルサイト「だれでも東京」の開設について

 この度、東京都では、高齢者や障害のある方など、誰にでもやさしい施設情報ポータルサイト「だれでも東京」(以下「本サイト」という。)を開設しましたのでお知らせいたします。

 本サイトでは、都内宿泊施設約270施設における約1万7千室の客室情報(入口の幅等)や、旅行者に人気の高いレジャー施設や飲食店約200施設、都立施設等約400施設(劇場や公園等)の「だれでもトイレ」の有無などの情報について、一括して発信します。約90項目の検索項目により、利用者の方々が、ご自身に合った条件で検索でき、音声読み上げ機能や英語検索も可能です。

URL リンク

[画像1: リンク ]


  宿泊施設の情報収集にあたっては、東京都、一般社団法人日本旅行業協会(会長 田川博己)及び株式会社三井住友銀行(頭取CEO 高島誠)の三者による、民間資金を活用した官民連携による社会課題解決の仕組み「SIB(ソーシャル・インパクト・ボンド)」のスキームを東京都で初めて導入いたしましたので、あわせてお知らせいたします。

【SIBスキーム図】
[画像2: リンク ]


   なお、一般社団法人日本ホテル協会、一般社団法人全日本シティホテル連盟、東京都ホテル旅館生活衛生同業組合にもご協力をいただきました。

 さらに、収集データ約6万項目は、本サイトとは別に「東京都オープンデータカタログサイト」※で公開し、どなたでも無料で利用できるようにすることで、民間事業者のみなさまによる、新たなアプリやサービス開発に活用していただくことや、シビックテックなどによる展開も期待しております。

 ※「東京都オープンデータカタログサイト」 URL:リンク
  収集データの掲載は令和2年4月上旬予定
                                             以上

【問い合わせ先】
 戦略政策情報推進本部戦略事業部
 電話:03-5320-6279
 FAX:03-5388-1211




プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]