logo

アプリックスと子会社のSMCがアウトバウンドコールセンター向けCRMシステム開発などを手掛ける株式会社アセンドと次世代車載型映像記録装置関連サービスなどの協業について合意

IoT(Internet of Things)製品向けソリューションの開発を手掛ける株式会社アプリックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:根本忍、以下「アプリックス」)と子会社のスマートモバイルコミュニケーションズ株式会社(以下「SMC」)は、独自のシステム開発、データベース、リサーチやコールなどを中心とした幅広いサービスを提供する株式会社アセンド(以下「アセンド」)と、次世代車載型映像記録装置およびその関連サービスなどの協業について2020年2月に基本合意したことをお知らせいたします。

アプリックスグループは、本日2020年2月21日にお知らせ(※)したとおり、「ソリューション事業」の取り組みの一つとして、LTEデータ通信機能を搭載した次世代車載型映像記録装置関連サービスの電話発信システムの開発について、オートコールによる電話調査や、IVR(自動音声応答システム)を用いた電話業務の自動化などの電話発信システム開発などに強みを持つアセンドと、アプリックスおよびSMCが三者間にて協業合意しました。

(※)詳細については、本日付けプレスリリース「アプリックスと子会社のSMCがLTEデータ通信機能を搭載した次世代車載型映像記録装置関連サービスの提供を2020年5月より開始~SMCのIoT専用SIM 「unio(ユニオ)」を使用した新たなIoTソリューションが誕生~」をご参照ください。

また、この協業を契機に、アセンドが独自開および提供するアウトバウンドに特化したクラウド型CRMシステム「OmniContact」(オムニコンタクト)をSMCが取り扱うことについても合意しました。SMCは、アセンドよりOEMの形で「OmniContact」の供給を受け、それをSMCがアセンドのインバウンド向け業務委託先企業に独自ブランドにて展開を行う予定です。また、アプリックスとしては、アセンドの主にクラウドシステムに対して、受託開発案件で培ったクラウド開発の経験や知見を技術やサービスという形で提供してく予定です。

<「OmniContact」(オムニコンタクト)の運用イメージ>



アプリックスとSMCは、今回の次世代車載型映像記録装置関連サービスの提供のみならず、今後もアセンドとの協業を積極的に推し進めていき、アセンド、アプリックスおよびSMCの顧客に対してより利便性や安全性の向上が実現するような製品・サービスなどを提供してまいります。

以上

■株式会社アセンドについて
オートコールによる電話調査や、IVRを用いた電話業務の自動化(RPA)、コールセンター向けのCRMシステム等のシステム開発、営業や販促などのコールセンター業務、オフィスやコールセンターのファシリティ等、当社独自のシステム力・マーケティング力を駆使したIP電話を活用した幅広いサービスをご提供しています。
アセンドのwebsite:リンク

■株式会社アプリックスについて
アプリックスの使命は「ソフトウェアの力で世の中のあらゆる人々に幸せをもたらすこと」です。携帯電話でのJava利用という新しいフロンティアを切り開いた「JBlend」に続き、開拓中の分野が、IoT(Internet of Things)です。当社ではIoTモジュール(ビーコン)、スマホアプリ、クラウドサービス等のIoTソリューションを一貫して提供することで、家電製品等のIoT化を推し進め、「モノからの通知によって人々の生活を豊かにする」というコンセプトの実現を目指しております。
アプリックスのwebsite(投資家情報等):リンク
アプリックスのテクノロジー事業:リンク
Facebook公式ページ:リンク

■お問い合わせ先:
お問い合わせのページ:リンク
※ 記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]