logo

~北海道民の地元スポーツチーム応援意識の高さが明らかに~ 直近1年の野球観戦は道民の半数以上、道民の約4割はファイターズファン

ファイターズ新本拠地、道民の期待は「アクセスへの配慮」「食」



株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:檜垣 歩、以下インテージ)の札幌事業所にて、道民のスポーツ観戦・応援行動の特徴、および北海道日本ハムファイターズの本拠地移転に対する意識について自主調査を実施しました。ここに調査結果を公開いたします。

[ポイント]

[表1: リンク ]


[画像1: リンク ]



[表2: リンク ]


道民のスポーツ観戦行動について、まず、最近1年のスポーツ別観戦経験をみてみましょう。図表1は、道内にプロチームのある4スポーツ(野球/サッカー/フットサル/バスケットボール)と、昨年話題になったラグビーについて、道内外の18~79歳の男女に聞いた結果です。

図表1


[画像2: リンク ]


道民は「野球」の観戦率が高いことがわかります。テレビなどでの視聴も含めた観戦者は50%におよび(道外は43%)、試合会場での生観戦経験も20%にのぼります(道外は13%)。

[表3: リンク ]


道民のスポーツ観戦行動にはどのような特徴があるのでしょうか。試合会場でスポーツ観戦した理由を聞いた結果が図表2です。

図表2


[画像3: リンク ]


会場での観戦理由は、道内、道外とも「好きなチームを応援したい」「競技を間近で見たい」「試合会場の雰囲気が良い」がトップ3にあげられていますが、道内では「好きなチームを応援したい」(45%)の比率が道外(37%)に比べ高くなっています。また、「地元のチームを応援したい」「チーム・選手を直接現場で応援したい」など、道民は『応援のためにスポーツ観戦に行く』という意識が強い傾向がみられます。


[表4: リンク ]


続いて、各スポーツで応援しているチームがあるかどうか聞いた結果をみてみましょう(図表3)。

図表3


[画像4: リンク ]


プロ野球で応援しているチームがある人は、道内では53%にのぼります(道外は39%)。このうち85%はファイターズファンなので、道民の約4割がファイターズファンということになります。

また、プロ野球/ファイターズの人気には及ばないものの、Jリーグ、Bリーグで応援しているチームがある人も道外に比べ多くなっており、コンサドーレやレバンガといった地元チームが、道民の応援意識の対象となっていることがわかります。

道内の3チームについて、応援している人=ファンの特徴を示しているのが図表4です。

図表4


[画像5: リンク ]


ファイターズファンは、男女比がほぼ半々。コンサドーレやレバンガに比べ、女性まで幅広くアピールしていることがうかがえます。また、グッズ購入経験がある人が63%にのぼります(コンサドーレファンは32%、レバンガファンは18%)。ファイターズファンは層が幅広いだけでなく、関わりの度合いも強いことがうかがえます。


[表5: リンク ]


ここからは、北海道日本ハムファイターズに関して現在大きなトピックである、北広島市「北広島ボールパーク」への本拠地移転について調査しました。

本拠地移転をどれくらいの人が知っているのか、そして移転後の、道民の会場観戦頻度について聞いた結果が図表5です。

図表5
[画像6: リンク ]

道民の92%が本拠地移転について知っており、高い関心がうかがえます。道外では、認知率は28%にとどまりました。

本拠地移転によって、会場観戦の機会が増えると思うか、減ると思うかをたずねたところ、居住地域によって意見にはかなり差がみられ、札幌市民では59%が「減ると思う」と回答。移転によって、球場へのアクセスが悪くなることに対する懸念がみてとれます。

[表6: リンク ]


最後に、2023年開業予定の「北広島ボールパーク」に、どんな施設やサービスがあったら良いと思うかを聞いてみました(図表6)。

図表6


[画像7: リンク ]


トップは、「新駅」(44%)、次いで「送迎バス(ボールパーク~札幌駅間)」(39%)があげられており、札幌市民を中心に、アクセス懸念解消を求める声が多いようです。また、僅差で「フードコート」(39%)が望まれています。

アクセスへの懸念を払拭し、大勢のファンが、新しい「ボールパーク」での野球観戦体験を楽しめることが期待されます。

------------------------------------
使用したデータ
【インテージのネットリサーチによる自主調査データ】 リンク
調査地域:北海道内/北海道外
対象者条件:(1) 道内18~79 歳の男女一般 (2) 道外18~79 歳の男女一般
標本抽出方法:弊社「マイティモニター」より抽出しアンケート配信
ウェイトバック:性年代構成比を、2015年度実施国勢調査データをベースに、人口動態など加味した2019年度の構成比にあわせてウェイトバック
標本サイズ:(1)北海道民 n=847 (2)北海道外の人 n=822
調査実施時期: 2019 年12 月2日(月)~2019 年12月9 日(月)

【株式会社インテージ】 リンク
株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:檜垣 歩)は、「Create Consumer-centric Values ~お客様企業のマーケティングに寄り添い、共に生活者の幸せを実現する」を事業ビジョンとして掲げ、さまざまな業界のお客様企業のマーケティングに寄り添うパートナーとして、共に生活者の幸せに貢献することを目指します。生活者の暮らしや想いを理解するための情報基盤をもって、お客様企業が保有するデータをアクティベーション(活用価値を拡張)することで、生活者視点に立ったマーケティングの実現を支援してまいります。

【お問い合わせ先】
■株式会社インテージ 広報担当:下河原/西澤
TEL: 03-5294-6000
サイト「お問い合わせフォーム」 リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]