logo

日本最大級のおでんの祭典「静岡おでん祭2020」開催

静岡市 2020年02月14日 15時30分
From 共同通信PRワイヤー

2020年2月14日

静岡市

日本最大級のおでんの祭典
「静岡おでん祭2020」開催
~全国10地域から30以上のご当地おでん屋台が勢揃い~
開催日:3月13日(金)~15日(日)
会 場:静岡市葵区役所前 青葉シンボルロード

 静岡市は、日本最大級のおでんの祭典「静岡おでん祭2020」を、3月13日(金)~15日(日)の3日間、静岡市葵区役所前 青葉シンボルロードにて開催します。全国10地域から30以上のご当地おでん屋台が勢揃いし、様々なおでんを食べ比べることができます。
 「静岡おでん祭」は、地域の風土を色濃く反映した「おでん」に興味を持っていただこうという目的で2006年より始まり、今年で14回目を迎えました。全国の個性あふれるおでんを一挙に楽しめる風物詩として、参加者も年々増えており、昨年は24万人が訪れました。
【画像: リンク 】 
【画像: リンク

◆日本随一の“おでんのまち”「静岡市」
 真っ黒なスープに、黒はんぺんが入り、ダシ粉をかけて食べるのが特長的な静岡おでん。そのルーツは大正時代にまでさかのぼり、当時廃棄処分されていた牛すじや豚モツを、煮込み料理の材料としたことにはじまるといわれています。また、由比や焼津などの日本有数の漁港が近くにあり、練り製品の産地でもあることから、黒はんぺんなどの練り製品がおでんの具に使われるようになり、日本随一の“おでんのまち”を育んできました。

◆全国10地域から30以上のご当地おでん屋台が勢揃い
 「静岡おでん祭2020」では、全国10地域から30以上のご当地おでん屋台が勢揃いします。しょうが醤油が特長の「姫路おでん」、鯖きんちゃくが入った「若狭おばま鯖おでん」、牛タンつくねが味わえる「石巻 絆おでん」など、ご当地の魅力がつまった個性的なおでんが一挙に味わえます。
【画像: リンク

◆おでんに合わせた地酒や、地元グルメもどうぞ
 おでんとともに、各地域の地酒も堪能いただけます。また、おでんの出汁割り(東京都北区)や、ホタテ巾着(岩手県陸前高田)などの地元で愛されるグルメもご提供します。
【画像: リンク

「静岡おでん祭2020」概要
◆日時:2020年3月13日(金)   16:00~21:00(一部19:00に閉店)
           3月14日(土) 10:00~21:00(一部19:00に閉店)
         3月15日(日) 10:00~18:00

◆会場:静岡市葵区役所前 青葉シンボルロード
    〒420-8602 静岡市葵区追手町5-1 静岡市葵区役所前
◆アクセス:JR静岡駅から徒歩約10分
      静鉄電車「新静岡駅」から徒歩約7分
      しずてつジャストラインバス「県庁・静岡市役所葵区役所」下車徒歩約3分
◆入場料金:無料 ※但し、商品購入代は必要となります。
◆公式URL:リンク
◆問合せ:静岡おでん祭実行委員会 TEL:070-4170-0711
◆出店するご当地おでん一覧(以下の10地域から、30以上の屋台が出店します)
【画像: リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]