国内空港初!「5G」通信を活用した遠隔アバター案内の実証実験を実施します!

~最先端ICT技術の活用による新たな案内業務の実現に向けて~




 成田国際空港株式会社は、株式会社NTTドコモと共同で「5G」(第5世代移動通信システム)とアバター技術を組み合わせた遠隔地※からの案内業務の実証実験を行います。
 働き手の多様性を受容し、新たな働き方を提示すると共に、現場で培われたノウハウや多言語スキルを有効活用する可能性を探るため、高速・大容量/低遅延/多接続といった特徴を持つ「5G」通信と、近年SNS上でも用いられることの多い「アバター」技術を活用した「遠隔アバター案内」を国内空港で初めて、成田国際空港第3ターミナルにおいて実施致します。
 本実証実験では、「5G」通信によって対面カウンターと同等にスムーズな会話が成立するか、といった技術的側面やお客様がアバターから受ける印象、案内サービス品質等について検証します。
※本実証実験ではターミナル内の離れた場所から従事。
[画像1: リンク ]


概要
1.実証実験のポイント:
「5G」通信を活用した遠隔アバター案内の有用性評価
2.実施期間:
2020年2月3日(月)~3月27日(金)
平日14:00~15:00 ※ただし、3月2日(月)は除く
3.実施場所:
第3ターミナル 2階 保安検査場前


「5G」×アバターによって目指す案内業務の将来像

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]