logo

新たにHLD LED光源モデルを展開しラインアップを拡充 超短焦点プロジェクター“LH-WX370UST”など4機種を発売

キヤノンは、「パワープロジェクター」シリーズの新製品として、高輝度化を実現するHLD(High Lumen Density) LED光源を採用した超短焦点プロジェクター“LH-WX370UST”など4機種を、2020年2月中旬より順次発売します。



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

新製品4機種は、キヤノンで初めてHLD LED光源を採用したLCD(Liquid Crystal Display)パネル搭載のプロジェクターです。LEDの光を効率よく活用することができるHLD LED光源の採用により、高輝度化を実現するとともに、最長約2万時間(※1)の光源寿命により光源交換のメンテナンス負荷を軽減できます。HLD LED光源のプロジェクターをラインアップに加えることで、会議室や教室だけではなく、サイネージや空間演出へも活用でき、利用シーンの裾野を広げます。

■ 超短焦点投写により用途を拡大した“LH-WX370UST/LH-WU350UST(※2)”
“LH-WX370UST/LH-WU350UST”は3,500lm(ルーメン)クラスの超短焦点モデルです。反射ミラーを採用した本体設計により投写比0.24:1の超短焦点を実現しています。これにより、会議室の壁や教室の壁や黒板に近接して設置しても、約80型(※3)の大画面を投写できます。さらに、床面の投写にも利用でき、サイネージやイベントといった空間演出などに活用の幅を広げます。

■ 高輝度5,000lmと小型化を両立した“LH-WX500/LH-WU500(※4)”
“LH-WX500/LH-WU500”は5,000lmの小型モデルです。複数の青色LEDの光を筒状の蛍光体に集め、一点の出口から明るい黄色の光として出力するHLD LED光源を採用することで高輝度化を実現しています。さらにHLD LED光源から出力された黄色の光とは別に、独立した青色LED光源から出る光を併用することで光路を減らし、高輝度と大きさ約392(幅)mm×129(高さ)mm×321(奥行)mmの小型な筐体(きょうたい)を両立しています。
[表: リンク ]


※1 目安であり、使用環境・状況により異なる場合があります。
※2 “LH-WX370UST”の解像度はWXGA(1,280×800画素)で明るさは3,700lm。“LH-WU350UST”は、WUXGA(1,920×1,200画素)で3,500lm。
※3 実際には壁から本体を約0.3cm離して投写した場合。投写距離は約41cm。
※4 “LH-WX500”の解像度は、WXGA(1,280×800画素)。“LH-WU500”は、WUXGA(1,920×1,200画素)。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]